プロダクションI.Gが「フリクリFLCL」原作権をガイナックスより獲得

アニメ製作などを手掛けるIGポートは、グループ会社のプロダクションI.Gがアニメ『フリクリFLCL』の原作権を獲得したことを明らかにした。『フリクリFLCL』は2000年から2001年にかけてプロダクションI.Gとガイナックスが共同制作した。
今回プロダクションI.Gは原作者であるガイナックスから、この原作権の譲渡を受けた。譲渡価格は公表されていない。プロダクションI.Gは、今後、作品の権利を新作アニメのリメイクなどに活用する。往年のヒット作の新作が今後期待できるかもしれない。

『フリクリFLCL』は2000年から、全6話を全6巻でOVAとして発売した。地方都市住む小学5 年生のナオ太は、ある日、謎の女が乗ったべスパに引かれたことをきっかけに普通で生活に巻き込まれる。ナオ太の頭からは角が生え、ロボットが出現。さらに謎の女ことハル子はナオ太の家に家政婦として現れる。奇想天外、ファンタジックなストーリーである。
監督は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズで知られる鶴巻和哉、キャラクターデザインは「エヴァンゲリオン」や『王立宇宙軍 オネアミスの翼』『サマーウォーズ』などの貞本義行とスタッフの豪華でもお馴染みだ。凝った作画や演出も作品の見どころになっている。日本だけでなく、海外でも根強い人気を持っている。作品の新たな展開があるとすれば、大きなニュースだろう。

一方、原作権を獲得したプロダクションI.Gは、「攻殻機動隊」シリーズや『宇宙戦艦ヤマト2199』などで知られるアニメーション制作大手である。かつては劇場映画やSF作品を得意としていたが、いまはオールラウンドで制作をし、ヒット作も多い。
しかし、ヒット作にはマンガ原作などが多く、自ら原作を持つものは少ない。『フリクリFLCL』の原作権獲得は、プロダクションI.Gの原作作品の強化といった側面もみられる。