「デジタルコンテンツ白書2015」発刊セミナー開催 白書をベースに最新産業動向をトーク

dwcp_img03

国内のコンテンツ産業の市場規模を調査、さらにデジタルコンテンツ産業の最新動向をとりまとめた「デジタルコンテンツ白書2015」を発刊する。国内のコンテンツ市場規模、デジタルコンテンツ市場規模をはじめ、各分野、メディア、海外の動向も含めて最新の動向を解説するものだ。
経済産業省 商務情報政策局の監修のもと、一般財団法人デジタルコンテンツ協会が編集・発行するものだ。価格は12000円(税抜)で、DCAJでの直販ぼほか、Amazon、政府刊行物センターそして全国の書店にて購入可能だ。

この発刊を記念して、2015年9月4日に『デジタルコンテンツ白書2015』発刊セミナーが開催される。デジタルコンテンツ白書を切り口に最新のコンテンツ産業の市場規模を解説するほか、2015年の白書の特集「クロスコンテンツの時代へ~ビジネスモデルの重層化」をテーマに講演やトークを予定する。
講演は「コンテンツ産業の市場規模」と題して、木下勇一氏(デジタルコンテンツ協会調査部主幹)、「デジタルコンテンツ白書2015特集について」と題して福冨忠和氏(専修大学ネットワーク情報学部教授)が行う。パネルディスカッションは、福冨氏をモデレータに、白書の執筆者である数土直志氏、濱野智史氏、森祐治氏が登壇する。
このほか濱野智史氏による「アイドルプロデュースについて」、「PIP(プラトニクス・アイドル・プラットフォーム)」ライブなども予定する。コンテンツ産業の最新情報を捉える機会になりそうだ。

会場は東京都港区の城西国際大学・東京紀尾井町キャンパス、15時から17時半を予定する。申し込みはDCAJのサイトから行う。受講料はDCAJ法人会員は無料、その他は3,000円、会場で支払いを受付ける。
また当日は発刊されたばかりの『デジタル白書2015』を特別価格10,000円(消費税込)で販売する。

『デジタルコンテンツ白書2015』発刊セミナー
http://www.dcaj.or.jp/news/2015/08/2015.html

クロスコンテンツの時代へ~ビジネスモデルの重層化
日時: 2015年9月4日(金)15時~17時20分
会場: 城西国際大学 東京紀尾井町キャンパス 『3号館』B1 多目的スタジオ
    〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町2-3-20

第1部 「コンテンツ産業の市場規模」 木下勇一(デジタルコンテンツ協会調査部主幹)
第2部 「デジタルコンテンツ白書2015特集について」 福冨忠和(専修大学ネットワーク情報学部教授)
『パネルディスカッション』「クロスコンテンツの時代へ~ビジネスモデルの重層化~」
モデレータ 福冨忠和
パネラー 数土直志(アニメ!アニメ!編集部編集長)/濱野智史(ネットイヤークラフト リサーチャー/情報環境研究者)/森祐治氏(電通コンサルティング シニアディレクター取締役)
「アイドルプロデュースについて」 
濱野智史
「PIP(プラトニクス・アイドル・プラットフォーム)」ライブ

受講料: DCAJ法人会員・無料 その他・3,000円(会場受付にて)