「あにつく2015」アニメ制作技術の総合イベント開催決定 基調講演に神山健治監督

あにつくロゴ2015

クリエイティブ市場の総合商社であるTooが、9月19日にアニメ制作技術をテーマにした総合イベント「あにつく2015」を開催する。8月19日から事前登録を開始した。
Tooはこれまでも、アニメーションやCGのプロ向け、あるいはアニメーション制作を目指す学生や一本向けのイベントを開催してきた。今回はそれをさらに発展させたものとなる。10を超えるセッションを設けた大型イベントとすることで、アニメーション制作とその技術の発展を支援する。

イベントでカバーするジャンルは幅広い。2D作画ソフトの運用や3Dアニメーション技術の紹介といった制作技術はもちろん、作品のメイキング、マーケットのアピール、さらに人材発掘や育成までをトピックスとする。共通するコンセプトは“アニメーション制作技術”である。
複数のセッションを設けることで、アニメーションの業界関係者はもちろん、制作を目指す学生や初心者、さらには一般の人でも楽しめるようになる。これを通じてアニメーション制作に対する関心の裾野を広げる。総合トラックは誰でも楽しめ、一般トラックはファンや学生向け、業界向けトラックは主にプロに向けたものになる。

またイベントは国内の多くの有力スタジオと協力する。それだけに登壇者も豪華だ。基調講演は「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズや『東のエデン』でお馴染みの神山健治監督が務める。2012年の『009 RE:CYBORG』でのセルスタイルのCGアニメ、3D立体視の取り組みは記憶に新しいところだ。
常に新しい技術に挑戦するクリエイターだけに、こうした場、テーマでのトークは気になるところだ。これだけでも必見である。

作品では『神撃のバハムート GENESIS』のメイキングでサブリメイションのCGディレクター須貝真也氏、 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』CGではサンジゲンが登壇する。ポリゴン・ピクチュアズの片塰満則氏が、先日、劇場アニメ化が決まったばかりの『亜人』の造型演出について語るのも見逃せない。片塰氏は『シドニアの騎士』の造形監督や『ゲド戦記』『ハウルの動く城』のデジタル作画監督しても知られている。
スタジオでは、東映アニメーション、ラークスエンタテインメント、グラフィニカセッション、トリガー、神風動画など。CGに強いスタジオ中心に注目の企業が集まった。

参加は全て無料、事前登録制となっている。話題のスタジオ、作品が並ぶのに加えて、開催場所が秋葉原駅近くのUDX GALLERY NEXTとなっており、人気になりそうだ。早めの登録が無難だろう。

「アニメ制作技術 総合イベント あにつく2015」
http://www.too.com/atsuc2015/
日時: 2015年9月19日(土) 11:00~18:30 (10:30 受付開始)
定員: 50~200名 (セッション毎に異なります。無料/事前登録制)
場所: 東京都千代田区外神田4-14-1 UDX GALLERY NEXT
主催: Too

[総合トラック]
■ あにつく2015基調講演
神山健治監督 聞き手:藤津亮太氏
■ 『神撃のバハムート GENESIS』メイキング
サブリメイション CGディレクター 須貝真也
■ 劇場アニメ『亜人』における造型演出
ポリゴン・ピクチュアズ 片塰満則
■ 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』CGについて
サンジゲン
■ 東映アニメーションセッション
東映アニメーション

[一般トラック]
■ ラークスエンタテインメントセッション
ラークスエンタテインメント
■ グラフィニカセッション 
グラフィニカ

[業界向けトラック]
■ アニメーションメソッド
アニメーター 数井浩子
■ アニメーションの演出について
トリガー
■ どこまでが作画でどこまでをCGで分けてるのかサミット2015
神風動画 アニメーター/ディレクター 吉邉尚希、ディレクター 水野貴信
■ デジタル作画について
サンジゲン

協力(50音順)
神風動画/グラフィニカ/サブリメイション/サンジゲン/チップチューン/東映アニメーション
トリガー/ポリゴン・ピクチュアズ/社ラークスエンタテインメント
協賛
オートデスク/日本HP/ワコム/インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)