京まふ2015ビジネスセミナー ガイナックス、KADOKAWA、P.A.WORKSが地方企業を語る

2015年9月19日、20日の2日間、京都市みやこめっせ、京都国際マンガミュージアムを会場に京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)が開催される。今年4回目を迎えるイベントは、アニメやマンガなどのコンテンツを核に関西圏と首都圏の企業のビジネスマッチング、若手クリエイターの育成などを目指す。
関西圏では数が少ないコンテンツ分野のビジネスイベント、そしてファン向けには10月期の新作アニメの開始直前ということもあり、注目を浴びてきた。ビジネス関連の講演や企業出展、ステージイベントなどが用意されている。

2015年もすでにビジネスセミナーの開催が決まっている。9月19日13時~京都国際マンガミュージアムの多目的映像ホールにて、「地方から世界へ発信! とタイトルしたパネルディスカッションが予定されている。ディカッションでは、地方での起業の意義やメリット、成果、可能性を考える。
登壇者が豪華である。出版、アニメ、映画などのエンタテインメントビジネスを広くてがけるKADOKAWAの井上伸一郎氏(代表取締役専務執行役員)、福島ガイナックス代表取締役社長の浅尾芳宣氏、P.A.WORKS代表取締役社長の堀川憲司氏が参加する。福島ガイナックスは老舗のアニメスタジオであるガイナックスが2015年に新たに福島県三春町に開設した。またP.A.WORKSは富山県に本社を構え、数々のヒット作を世に届けてきた。“マンガ・アニメの地方企業最前線”のテーマに相応しい3人だろう。

セミナーは無料だが、事前申込制となっている。京まふ公式サイトにて応募を受け付けている。定員は100名、先着で受け付けて、定員になり次第締め切る。

京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)
ビジネスセミナー
http://kyomaf.jp/business/business/

パネルディスカッション「地方から世界へ発信! マンガ・アニメの地方企業最前線」
2015年9月19日(土)13:00~(受付:12:00~)
会場: 京都国際マンガミュージアム1階 多目的映像ホール
定員: 100名【定員に達し次第、受付終了】
[登壇者]
浅尾芳宣 (福島ガイナックス代表取締役社長)
井上伸一郎 (KADOKAWA代表取締役専務執行役員)
堀川憲司 (ピーエーワークス代表取締役社長)