在京民放5社が協力 無料視聴できるTV番組のキャッチアップ配信サイト10月スタート

150716_TVerロゴ

在京民放5社が協力して、テレビ放送後から直ぐにインターネットを通じてテレビ番組配信をする動画配信プラットフォームを立ち上げる。日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョンは、共同で動画配信サービスの「TVer(ティーバー)」を2015年10月からスタートする予定だと発表した。
国内でも動画配信プラットフォームは数が多いが、「TVer(ティーバー)」はテレビ放送された番組のキャッチアップに特化しているのが特徴だ。放送後一週間程度に期間を区切ることで広告付の無料動画配信サービスを実現する。また在京5局が手を組むことで、キャッチアップサービスのなかでデェファクトになることを目指していることが窺える。

発表によれば「TVer(ティーバー)」は、現在の放送を取り巻く状況を反映したものとなる。映像作品の視聴がテレビから、パソコン、スマートフォン、タブレットなど新たなデバイスに広がっている。「TVer(ティーバー)」はテレビ放送を見逃した人だけでなく、こうした新しい視聴をする層を取り込むことも目指していそうだ。これまでは配信サービスに対してテレビの視聴者を奪うのでないかと懸念する向きもあったが、テレビと同様にコマーシャルをつけることで、テレビ+の視聴者拡大につなげることになる。
在京民放5局によれば、さらキャッチアップサービスの目的は違法動画配信サイト対策でもある。いち早く公式動画を配信することで、違法サイトに流れる視聴者を喰いとめる。

「TVer(ティーバー)」のプロジェクトで、大きなポイントとなるのはやはり5社の協力だろう。主要各局の番組が一ヶ所の集まることで、ユーザーには入口が分かりやすい。また個別サイトを運営する場合に比べてユーザーの分散が避けられ、相乗効果も発揮しそうだ。運営コストも引き下げることが可能だろう。
スタート時は、各社10番組程度を提供する方向で調整中だという。予定どおりに進めば、一挙に約50番組の最新エピソードが見られるだけに注目を浴びそうだ。
また放送番組は当初、ドラマやバラエティが中心になる。アニメなどに比べてキャッチアップサービスの遅れている分野だけに、こちらも今後の展開が注目される。

TVer(ティーバー)
http://tver.jp/
サービス開始: 2015年10月(予定)
運営会社: 株式会社プレゼントキャスト
利用料: 無料