夏目公一朗氏が取締役会長へ アニプレックスが人事異動

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、6月24日付で同社並びにグループ会社の役員人事異動を行った。グループでアニメなどの映像事業を統括するアニプレックスでは、代表取締役の夏目公一朗氏が取締役会長に異動した。
アニプレックスは長らく代表取締役の二人体制を取っていたが、今回の異動で植田益朗氏による単独の代表取締役体制に移行する。植田氏が経営のバトンタッチを受けたかたちだ。夏目公一朗氏は、ソニー・ミュージックエンタテインメントの執行役員コーポレイト・エグゼクティブCOO、A-1 Pictureと番町製作所の取締役からも退任する。

また、アニプレックスの取締役も入れ替わる。鈴木明氏、古澤清氏が退任、今野敏博氏と佐藤康広氏、渡辺和則氏が取締役に加わる。このうち今野敏博氏と佐藤康広氏はソニー・ミュージックエンタテインメントの取締役も兼任している。今野敏博氏はA-1 Picturesと番町製作所の取締役にも就任した。
植田益朗氏は、ソニー・ミュージックエンタテインメントの執行役員コーポレートSVP(アニプレックス担当)にも就任した。アニプレックスの顔としてさらに活躍することになる。

アニプレックスでは、執行役員であった岩上敦宏氏の執行役員常務への昇格もあった。一方執行役員のメンバーはこれまでとほぼ同様で、植田益朗氏が執行役員社長として会社を率いていくことになる。