「STAND BY ME ドラえもん」の中国興収が約86億円 日本国内興収を上回る

5月28日に日本の劇場映画としては3年ぶりに中国で全国公開された映画『STAND BY ME ドラえもん』が大ヒットとなっている。公開当初より記録的な興行収入となり、一日の興収では米国ドリームワークスの『カンフー・パンダ2』を超え、中国で公開されたアニメーション映画としては過去最高となった。その後も順調に数字を伸ばしている。
中国本土と香港の映画情報・市場リサーチ会社の芸恩網のまとめによれば、公開から10日目にあたる6月6日までの『STAND BY ME ドラえもん』の中国での興収は4億2359万元で、日本円で86億円を超えた。この金額は、同作の日本国内での興収83.8億円を超える。日本のアニメが国内より海外でより稼ぐ結果になった。

『STAND BY ME ドラえもん』は、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品として、八木竜一監督、山崎貴監督のもと撮られた。これまで2Dセルタッチのアニメで親しまれてきた『ドラえもん』を、初めてフル3DCGで映画化した意欲作である。2014年8月に劇場公開した作品は大ヒットとなり、日本制作のフル3DCCGはヒットが難しいとの見方をいっきに覆した。
2014年度の国内映画興収ではディズニーの『アナと雪の女王』の254.8億円、『永遠のゼロ』の87.6億円に続く、第3位に位置する。
2014年に中国で公開された『アナと雪の女王』の同国の興行収入は4800万ドル(約60億円)で、現時点で『STAND BY MEドラえもん』が大きく上回っている。中国では、『STAND BY ME ドラえもん』がより人気を集めたかたちだ。

『STAND BY ME ドラえもん』の中国での成功は、日本の映画業界、アニメ業界に大きな影響を与えそうだ。近年、日本のコンテンツ・クリエイティブ産業の海外展開を目指すなかで、アニメやマンガはとりわけ有望とされてきたが、アニメがグローバル市場で勝負出来ることを確認したかたちだ。
今後、映画の海外展開にあたりアニメへの注目が増しそうだ。さらにこれまで日本は2Dアニメが強いとされてきたが、日本アニメのテーストをフルCGに置き換えることで、世界市場で勝負するとの考え方も広がりそうだ。
国内アニメ業界での中国への関心もさらに高まりそうだ。2000年代半ばより日本のアニメは中国のテレビ放送から事実上締め出され、劇場公開もほぼ閉ざされている。日本からは参入も、収益化も難しい市場と見られてきた。
しかし近年、インターネットの正規動画配信の急進展を通じて、中国市場への再参入が進んでいる。中国向けの動画配信権の販売、アプリやソーシャルメディアでのゲーム化権の販売は、ビジネスとして無視できない規模にまで成長している。
海外映画の全国公開は中国では割当制になっており、『STAND BY ME ドラえもん』に続く作品が今後もあるかは不透明である。しかし、同作の大ヒットに、同国の配給会社や興行会社も無関心ではいられないだろう。
[数土直志]