タツノコプロは売上約21億5千万円 Huluは売上83億円超で36億円の赤字

5月8日に日本テレビホールディングス(日本テレビHD)は、平成27年3月期決算を発表している。テレビ放送の視聴率が好調ななか売上高、利益も微増となり、増収増益となった。連結売上高は3624億9700万円(6.1%増)、営業利益は423億8200万円(5.7%増)、経常利益は486億9600万円(1.8%増)、当期純利益は304億6700万円(9.5%増)と堅調だった。
日本テレビHDは決算発表と伴に、グループ会社各社の決算も明らかにしている。この中にはアニメ製作会社のタツノコプロ、映像ソフトのバップ、動画配信のHJホールディングスなども含まれている。

タツノコプロは2014年1月にタカラトミーより発行済株式の過半得数を取得して子会社化している。売上高は21億4900万円、営業利益1億5800万円、経常利益は1億6100万円、さらに当期純利益が7400万円であることが分かる。
売上高の20億円超はアニメ製作会社としては中堅クラスだが、タツノコプロのアニメーション制作は該当期間で必ずしも多くなかった。詳細は明らかにされていないが、タツノコプロの保有する豊富な過去作品のライセンス関連の売上げが大きかった可能性が高い。

やはり日本テレビ放送網の事業取得により、グループ会社となったHuluの売上高も初めて公表された。年度の売上高は83億3900万円と、すでにかなりボリュームのあるビジネスに成長していることがわかる。
一方で営業損失が36億5000万円、経常損失が36億6500万円、当期純損失が36億6900万円の赤字幅が大きい。ビジネス立ち上がり期として、かなり意欲的に先行投資を続けていることがここから窺われる。収益化はもう少し先になるかもしれない。

映像・音楽ソフトのバップも苦戦した。売上高は170億3600万円と23.3%の減少、営業損失9億4800万円、経常損失は7億5500万円、当期純損失は10億5700万円と赤字に転落した。日本テレビHDは、パッケージメディアが販売不振だったとしている。
また日本テレビ放送網の映画事業は前期の99億1200万円から83億8200万円に売上が減少した。しかし、利益面では3億4700万円の赤字から1億8500万円の黒字に浮上した。