日本番組を海外に、WAKUWAKU JAPANがスカパーとクールジャパン機構の出資で株式会社化

2015年5月1日、スカパーJSATはインドネシアとミャンマー向けの日本番組に特化した放送チャンネルを運営するWAKUWAKU JAPAN事業をスピンオフし、それを継承するWAKUWAKU JAPAN株式会社を設立した。資本金は1500万円、代表取締役にはスカパーJSATの川西将文氏が就任した。
同社は2015年7月1日にスカパーJSATよりWAKUWAKU JAPANの事業を継承する。そのタイミングで大幅増資を実施する。出資金110億円のうち60%をスカパーJSATが、残り40%をクールジャパン機構が負担する。WAKUWAKU JAPANは日本コンテンツ、クリエイティブ関連産業を支援するクールジャパン機構と伴に、海外向けの日本コンテンツ放送ビジネスを拡大する。

WAKUWAKU JAPANは、2014年春にインドネシアとミャンマーの2ヶ国に向けたテレビ放送を開始した。海外では数少ない日本企業による放送チャンネルである。視聴世帯数は推定250万世帯としている。番組も日本のドラマやバラエティ、映画、ドキュメンタリー、スポーツなどを中心に構成している。
アニメでは『キャプテン翼(平成版)』『宇宙兄弟』『ちびまる子ちゃん』『東京マグニチュード8.0』などがある。加えてウルトラマンシリーズや仮面ライダーシリーズもあり、まさに日本のお茶の間が海外に飛び出したかたちだ。

スカパーJSATは新会社の設立と新しい体制について、クールジャパン機構の出資と参加により政府や国内企業と連携が強化されるとしている。資本の増強とオールジャパン体制を築くことで、ブランド力の向上、編成・コンテンツの強化、さらには多国展開を実現する。5年後の2020年までに、アジアを中心に22ヵ国放送と4100万の視聴可能性帯を目指す。
クールジャパン機構(株式会社海外需要開拓支援機構)は、2013年に官民の共同出資で設立された投資ファンド会社だ。その出資金は400億円を超える。日本のコンテンツ・クリエイティブの海外展開事業に主に出資する。コンテンツ・クリエティブの広がりを、さらに日本の産業全体の新興に結びつける。映像コンテンツの海外展開はなかでも主要課題で、すでにイマジカ・ロボット ホールディングスと住友商事による米国の映像コンテンツローカライズ大手企業の買収や、海外向けのアニメ配信のアニメコンソーシアムジャパンにも出資している。
日本企業がダイレクトに海外向けに日本コンテンツの放送をするWAKUWAKU JAPAN株式会社もそうした流れに沿ったものだ。今後は単体の企業だけでなく、機構の出資企業が連動した海外版の製作、コンテンツの放送・配信、関連商品の販売といったネットワークの構築も期待されそうだ。

WAKUWAKU JAPAN
http://www.wakuwakujapan.tv/