東京ディズニーリゾート開発構想で 「アナ雪」「美女と野獣」「アリス」の新エリアを発表

(C)Disney
(C)Disney

東京ディズニーリゾートの新エリアとして、ディズニーの人気アニメーション『アナと雪の女王』や『美女と野獣』、『ふしぎの国のアリス』が導入されることになった。東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは、2015年4月28日に2016中期経営計画の中核となる両テーマパークの開発構想を発表した。
オリエンタルランドはすでに今後10年間でテーマパーク事業に5000億円規模の投資をすることを発表している。その詳細は未公表だったが、今回の開発はその一部にあたる。一部とはされているが、今回明らかになった内容だけでも、ふたつのテーマパークが今まで以上にエンタテイメント満載になることが分かる。

発表の目玉となったのは、ふたつのテーマパークの拡張と新たなテーマエリアの導入になる。まず東京ディズニーランドでは、現在のファンタジーランド全域を再開発する。隣接するトゥモローランド、駐車場、バックステージの一部、エリア拡張も行うことで、ファンタジーランドの面積は現在の約2倍となる。
ファンタジーランド内はさらに複数のエリアで構成し、この中に『美女と野獣』や『ふしぎの国のアリス』をテーマにしたエリアが含まれる。
一方、東京ディズニーシーでは、パークを拡張することで、園内8つ目にあたる新テーマポートが誕生する。こちらは「北欧」をテーマにしたものになる。エリアの一部は、2014年に映画が空前のヒットとなった『アナと雪の女王』の世界をテーマとする。

いずれのテーマパークも再開発に合わせて、東京ディズニーリゾートオリジナルの新たな大型アトラクション、ショップ、飲食店を導入するとしている。これにより他のテーマパークにない魅力を発揮し、国内外からの来場者増加を目指すことになりそうだ。
導入時期は2017年度以降としている。大規模な再開発だけに完成にはやや時間がかかるかもしれない。ふたつのエリアの詳細は2015年中に発表する予定だ。

オリエンタルランド
http://www.olc.co.jp/