マンガはなぜ赦されたのか –フランスにおける日本のマンガ- 第5回「「郊外」から成功したマンガ出版社:Ki-oon」-前編-

[第5章 「郊外」で起業するということ-前編―]

■ 豊永真美
[昭和女子大現代ビジネス研究所研究員]

■ シャルリ・エブド誌の襲撃が明らかにした移民問題

シャルリ・エブド誌編集部とユダヤ人向けスーパーを襲撃したのは、フランス生まれの移民二世の若者だった。シャルリ・エブド誌を襲撃したクアシ兄弟は、幼い頃施設に預けられたのち、ピザの配達人などを経て、イスラム過激派に取り込まれていった。教育も受けられず、正規の職業につけなかったことが過激派に走った要因とされている。
シャルリ・エブド誌襲撃とほぼ同時に起こったユダヤ人向け食料品店を襲撃したクリバリも移民二世で、パリの郊外の低所得者向け住宅が立ち並ぶ地域で育っている。クリバリが育った地域は、フランス語でいうところの典型的な「郊外」だ。

フランスは、人種差別をかえって増長させるとの観点から、アメリカのように人種ごとの就業統計などを出していない。移民の生活状態を公式な統計で知りうるのは地域別の統計が手がかりとなる。政府が認定している低所得者が多く住む地域は、ZUS、CUCSなど呼び名を変えながら、保護・支援策が重点的にとられてきた。
2014年12月30日にはこのような困難な地域の新しい呼び名を「優先カルチエ(quartier prioritaire= QP ちなみにカルチエはカルチエ・ラタンのカルチエと同じ)と名づけた。QPには約400万人が住む(*16) 。「郊外」と呼ばれる移民が多く住む地域はたいていこのQPと一致する。
QPでは人口の64%がHLMという低所得者向けの住宅に住み、31%が低所得者となっている。ちなみにフランス全体でHLMに住む人口比率は19%、低所得者が10%なので、相当「貧しい」地域であることがわかる。フランスの統計の性格上、この低所得者に占める移民の割合は不明だが、実際にこのような地域に行ってみると、イスラム系住民やアフリカ系住民が目に見えて多いことがわかる。

低所得者が集まって住んでいるため、この地域は教育も荒む。QPでは義務教育も重要課題とされており、公立校で生徒あたりの教師数を増やす措置もしているが、なかなか成果をあげることができない。さらに、フランスの大学入学に必要な、「バカロレア」という試験は論述が中心だ。代表的な試験科目である哲学では、「愛は真実に勝るのか」というような1行の問題に対し、4-5時間かけて回答する。当然、フランス語力および深く広い教養が要求され、両親がフランス語ネイティブでない移民2世には突破するのがつらいシステムだ。 

2005年、パリの「郊外」をはじめ、フランスの大都市近郊で起こった移民2世の暴動はフランスの移民問題の深刻さを世界に知らしめた。しかし、移民問題はそれ以前からフランスでは深刻になっている。それはフランスでヒットする映画をみてもわかる。
日刊SPA!では「なぜフランスでテロは起こるのか? 映画から読み解く黒歴史」(*17)というタイトルで、1995年の映画「憎しみ」を取り上げ、2005年の暴動の10年前からフランスでは移民の問題が深刻だったことを指摘している。

日本でも大ヒットした「最強のふたり」(2011年)はブルジョワの白人の身障者と黒人介護士の友情を描いたものだ。白人のブルジョワはシアンス・ポ(パリのブルジョワ階級の子弟が多く通うグラン・ゼコールの準備校)で亡くなった妻と出会っており、趣味はクラッシック音楽。一方、刑務所帰りの黒人介護士にとっては、クラッシック音楽は携帯電話でトラブルがあったときコールセンターの対応待ち受けの音楽に過ぎない。
カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した「パリ20区、僕たちのクラス」(2008年)は低所得地域の中学校の物語だ。移民の子弟たちはフランス語の上級文法を「ブルジョワが使うもの」としてはなから覚えようとしない。かなりステレオタイプな扱いだと思うが、それでもカンヌ映画祭のグランプリを受賞するのだから、ある程度、真実は反映しているのだろう。
 
移民階級の待遇の改善をどのようにするかは常に大きな政治課題である。実際の移民の数が多いのも確かではあるが、映画をよく見に行くフランス人の富裕階級が常に移民問題に気をかけているということは、フランス人がいかにこの問題を解決しようかと努力しているという証拠であろう。見て見ぬふりという状態ではない。
また、少しずつではあるが、移民の中でも成功する人が出てきている。サッカー選手やバスケットボール選手、音楽の分野でのラッパーはもっとも早く成功者がでたが、柔道など従来は白人のスポーツとされていた分野でも活躍する選手がでてきた。柔道の男子重量級で黒人のリネール選手はフランスのアイドルスターである。 
移民出身者が目立つのは政治の分野でもある。たとえば、2015年2月現在、フランスの司法大臣のクリスチアヌ・トビラは仏領ギアナ出身だ。
フランス社会は常に移民問題を考えており、成功者が出てくることを祈っている。しかし、スポーツと芸能と政治の分野以外での成功者、普通のビジネス界での成功者を見つけることはなかなか難しい。

■ 「郊外」から成功したマンガ出版社

フランス政府はこうした状況を打開するひとつの方策として毎年、「シテの才能(Talents des cites)」という賞を出している。シテというのは、郊外によくあるHLMが集まる団地の総称だ。2002年から始まった制度で、2015年現在では都市・若者・スポーツ省と上院が主催している。QPで起業した企業を表彰する制度だ。しかし、表彰を受けたからといって、企業が存続することは難しい。2010年時点でそれまで375の企業が表彰を受けていたが、そのとき存続していたのは60%にすぎない(*18)。

そのような中で、成功事例とされているのがマンガ出版社ACメディアだ。ACメディアは2003年に設立された独立系マンガ出版社でレーベル名のKi-oonという名前で知られている。創業者のアメッド・アニュはシテの代表とされるトラップ(Trappes)の出身。トラップはパリ郊外のベルサイユの近くにあるが、世帯数の6割近くがHLMに住んでいる。HLMの世帯数の割合でいうと2011年時点で、フランス10位という典型的なシテである(*19)。
トラップはまた移民出身のフランスのコメディアンのジャメル・ドブーズの出身地としても知られ、2005年の郊外での暴動がニュースとなったときは、大きな暴動が起こった地域でもある。Ki-oonはそのような典型的シテのHLMの1室で誕生した。

創業者のアメッド・アニュは父親がセネガル出身、母親がモーリタニア出身の黒人である。家庭で話す言葉はセネガル・モーリタニア付近で話されているフラニ語(フランス語でPeul)だ。1976年生まれの6人兄弟の長男で、兄弟6人が同じ部屋で寝起きするという環境で育った。
子供のころはちょうど日本のアニメを数多く放送する「RecreA2」や「クラブ・ドロテ」の全盛期であり、「聖闘士星矢」がお気にいりだった。日本のアニメが好きなあまり、日本語教育で定評のあるパリ第七大学に進学し、JETプログラムで鳥取県の三朝温泉のある三朝町に2年間滞在する。

三朝町はJETプログラムを通じて93年からフランスより留学生を受け入れており、アニュは99年から2001年にかけて4代目のフランス人留学生(*20) として滞在した。アニュの回想によると、三朝町の人の99%は黒人を見るのが初めてで、滞在初日バスに乗ろうとバス停で待っていたら、バスの運転手が黒人を見てパニックになり、バス停で止まることなく通り過ぎていったという。
それでも、アニュは、三朝町の人々の反応は人種差別からよるものではないということは感じており、日本語が堪能となるにつれ、町の生活になじんでいった。「フランスのJETプログラム参加20周年」(*21)という冊子にアニュが寄せた文章によると、三朝町では子供に「アメッドさん、次に来るときもまた黒いままですか」 と無邪気に聞かれたともあるという。それは偏見に基づくもではなく、アメッドもこの話をフランスの家族にしたときは家族が5分間笑いころげたという。

002 - コピー

■ Ki-oon社とたきざきまみや、筒井哲也の出会い

三朝町で日本人と触れ合うことにより、日本語の能力を磨くと同時に日本人との仕事の仕方も学んだアニュは、残念ながらフランスに帰国すると、日本語を生かせる仕事を見つけることができなかった。
このため、日本のゲームの翻訳をしながら、マンガ出版を起こすことを目指す。アニュにとって、それまでフランスで翻訳されている日本のマンガは限られた人気タイトルだけであり、かつ、翻訳の質も、印刷される紙の質も満足ができるものではなかったという。
同じ志を持つ大学時代の白人の女性の友人のセシル・プルナンが親戚より3万ユーロを相続し、これを元手に二人はマンガ出版社を興すことにする。2003年のことであった。住所はアニュが家族と住む自宅であった。
最初の難関は、翻訳できるマンガのタイトルを探すことだった。二人は日本の出版社を巡ったが、経験がないということで断られる。二人にとってこれは悩ましいことであった。出版社を興した彼らには当然経験はない。そのまま交渉していっても、永遠に経験を積むことができない。

このため、二人は、日本で既に商業出版されている作品の翻訳権を獲得することをあきらめ、素人の作品に目をつける。最初に目を付けたのは、コミケの作品である。フランスで人気のあるファンタジー作品で、二次創作ではないものを探し、二人はコミケを回った。そうして見つけたのが、たきざきまみやの「Element Line」という作品だ。たきざきまみや(*22)は商業雑誌に作品を発表したことはあったものの、単行本を出したことはない。普段はマンガ家のアシスタントをしている。

たきざきはアニュに翻訳について相談されびっくりしたものの、あまりお金にはならないかもしれないということを含め誠実に説明されたことに納得し、アニュに原稿を渡した。フランスのマンガ出版社は通常、日本人作家のオリジナルの原画をうけとることはなかなかできないが、たきざきがアニュを信頼し、原画を渡したことから、非常に質の高い印刷を実現することができた。
こうしてElement Lineは原作が日本語であるにもかかわらず、日本で商業出版されずにフランスで商業出版されたというマンガとなった。 

アニュとプルナンはさらに作家探しを続けた。ネットサーフィンしている中で、筒井哲也というマンガ家を見つける。筒井は商業誌でデビューしていたが、ウェブでも作品を発表していた。アニュとプルナンの回想によると、筒井哲也もその頃、日本で商業出版できるようマンガ出版社を探していた(*23)。

筒井哲也の「DUDS HUNT」はこうしてフランスで商業出版された。このことがKi-oon社に幸運をもたらす。筒井哲也の作品がスクエア・エニックスで出版されることとなり、筒井哲也がKi-oon社にスクエア・エニックスを紹介したのだ。スクエア・エニックスはフランスでの出版社を探しており、Ki-oonはいくつかのタイトルを翻訳出版できるようになった。
これにより、塩野干支郎次の「ユーベルブラット」の翻訳権を獲得する。Ki-oon社は、「ユーベルブラット」の出版にあたり、20ページの試し読み版を作成するなど、それまで、フランスのマンガ出版社が行ってこなかったプロモーションを積極的に行った。これにより、ユーベルブラットは2011年時点で、フランスで累計40万部を販売している。(*24)

その後も、Ki-oon社はパリのメトロの大型ポスターをつくってのマンガの宣伝や、Ki-oonゆかりのたきざきまみや、筒井哲也を連れてのフランス全国の書店を回るサイン会の開催など、ほかのフランスのほかのマンガ出版社があまりやらない積極的な宣伝を行い、売上を伸ばしていく。
特に、Ki-oonを特徴づけているのがフランス全土での日本のマンガ作家によるサイン会の実施だ。欧米では書店が作家とファンのつながりをつくる場所であり、フランスもその例外ではない。だから、フランスのマンガ出版社は日本のマンガ家に対して、サイン会をすることを求めることが多い。しかし、日本のマンガ家は、日本でもあまりサイン会をする習慣がない。それでもジャパン・エキスポの会場やパリの書店ではサイン会をするマンガ家が増えているが、地方都市でサイン会をする作家はまだほとんどいない。
 
Ki-oon社は、たきざきまみやと筒井哲也については海外のエージェントも兼ねている。また、二人とも無名時代に見出されたことから、Ki-oon社に恩義を感じていた。このため、Ki-oon社のキャンペーンには全面的に協力したと考えられる。筒井哲也とたきざきまみやはフランスの地方の書店でのサイン会にも積極的に協力している。
特に、筒井哲也の2012年のジャパン・エキスポ時に開催されたサイン会のスケジュールは凄まじい。2012年の6月28日から7月8日までの9日間に23回のサイン会を開催するのだが、移動距離も、グーグルマップで計算しただけでも3345キロで、毎日が移動である。リール、ボルドー、レンヌ、マルセイユなど、パリ以外のフランスの重要な地方都市でサイン会を開催することで、地方の書店としっかりとしたつながりを構築している。

こうしてKi-oon社はフランスのマンガ市場において、重要な地位を築いていく。2014年現在、Ki-oonはグレナ、PIKA、Kanaに次ぐ出版社だ。グレナは「One Piece」、PIKAは「Fairly Tail」、KANAは「NARUTO」というビッグタイトルをもっているのに対し、Ki-oonは日本で大ヒットしたビッグタイトルをもっていない。にもかかわらず、きちんと売上を伸ばしているということは、Ki-oon社の経営能力の高さを示すものだろう。

*16 INSEE”Politique de la ville en France métropolitaine : une nouvelle géographie recentrée sur 1 300 quartiers prioritaires” ’France Portrait Social 2014′
*17 日刊SPA!「なぜフランスでテロは起こるのか? 映画から読み解く黒歴史」2015年1月23日
*18 20 minutes “Talents des cités : Cinq ans après, que sont-ils devenus?”2011年10月20日号
*19 Journal du NET”Les villes qui comptent le plus de logements HLM en 2011” 2015年2月7日閲覧 http://www.journaldunet.com/management/ville/classement/villes/hlm
*20 三朝町ホームページ「歴代の国際交流員」 2015年2月7日閲覧
*21  クレア編「フランスのJETプログラム参加20周年」 2015年2月7日閲覧
*22 Bodoi”Mamiya Takizaki et Ki-oon : 10 ans d’amour”(たきざきまみやとKi-oon-10年の愛)2014年2月3日 2015年2月7日閲覧
*23 Hadoken fansubs ”Ki-oon:l’interview longue” 2015年2月8日閲覧
*24 Jeune Afrique “Ahmed Agne, editeur de mangas” 2011年2月3日 2015年2月8日閲覧