マンガはなぜ赦されたのか –フランスにおける日本のマンガ- 第4回「カトリック出版とマンガ出版の関係」

[第4章 ライシテ(政教分離)の下でのカトリック出版
メディア・パルティシパシオンとマンガ出版の関係]

■ 豊永真美
[昭和女子大現代ビジネス研究所研究員]

■ カトリック出版から日本のマンガに進出

フランスの政治においてライシテ(「政教分離」)は、絶対の命題だ。例えば、クリスマスの時期には、公の場所で、馬小屋でのキリスト誕生の人形を飾らないように呼びかけがなされる。もちろん、カトリック教会の中や個人の家では飾ってもよい。しかし、公立の学校や市役所などでは飾ってはいけない。こうした政府のよびかけもあり、大企業が出すクリスマス・カードも宗教性のない図柄が一般的だ。
だからといって、カトリックの影響力がフランスの政財界でなくなったわけではない。フランスの代表的な富豪である化粧品のロレアル創業者一族のリリアヌ・ベタンクールや生命保険のアクサ会長のクロード・ベベアールは親カトリックの代表者といわれている。
ちなみにリリアヌ・ベタンクールという名前がいかにフランス社会で大きなものであるかは、「21世紀の資本」で知られるトマ・ピケティのエッセイ集「トマ・ピケティの新資本論」(2014年 日本経済新聞社)で繰り返し彼女の名前が、「富を独占する悪者」として出てくることでもわかる。リリアヌ・ベタンクールはサルコジ前大統領に不透明な資金援助をしていたことでも有名で、よかれあしかれ、フランスの経済界で無視することはできない存在だ。

また、タイヤやガイドブックで知られるミシュランは創業者のミシュラン一族が熱烈なカトリック教徒だ。彼らは保守党の支持者でもあり、保守党とカトリックは深い関係があるというのは、フランス人社会の暗黙の了解だ。
しかし、これは暗黙の了解であって、建前の世界ではあくまで「政教分離」を貫かなくてはならない。リリアヌ・ベタンクールといえども、フランスでは大っぴらにカトリック教会を支持することは憚られる。フランスの富豪は、保守党政治家への不透明な献金より、カトリックへの不透明な献金のほうが許されない。

さらに、フランス人の一般人の宗教離れ、特にカトリック離れは著しい。一般のフランス人の間で、カトリック信者は減少している。政教分離が浸透したことにより、無宗教でも生きられるのだ。
ル・モンド紙(*13) によると、フランスにおけるカトリック信者の割合は1952年の81%から2010年には64%に減少した。ただし、カトリックと公言している人でも、教会とのかかわりは減少している。日曜のミサに定期的に行くカトリック信者の割合は1952年は27%だったが、2010年には4.5%にまで減少した。別の調査では、現在カトリックと公言しているフランス人のうち57%は全くミサにいかないという。
そして、教会にいかない人々は当然のことながらあまりお布施も払わない。一般人からのお布施がないことはカトリック教会の財政にとっては致命的だ。

カトリック教会は聖書のほか、カトリック関係の出版物を数多く出しているが、60年代にかけて、フランスのカトリック出版の売れ行きは縮小していった。

このカトリック出版の危機を救ったのが、フランスの保守党の政治家で富豪のレミー・モンターニュ(1917年ー1991年)である。妻がミシュラン一族の出身であった彼は、81年に政界を引退後、カトリックメディアの再建に尽力した。1981年には経営危機に陥っていたカトリック系の週刊誌「キリスト教家族(Famille Chretienne)」を引き取り、かつ他の経営危機にあった中小のカトリック系出版社をまとめてグループ・アンペールを創業した。
しかし、カトリック系の出版社を集めただけでは、経営基盤は弱いままである。出版社が自律的に稼げるようになるため、日本でも知られている「タンタン」をベルギーで出版していたロンバールを買収し、1986年にグループ・アンペールはメディア・パルティシパシオンとなる。メディア・パルティシパシオンは88年にはダルゴーを買収する。ダルゴーはフランスで「タンタン」を出版したことで知られ、また、フランスの国民的バンド・デシネである「アステリックス」の1巻から25巻までを出版していた。メディア・パルティシパシオンが買収したころは、フランスの代表的なバンド・デシネの出版社であった。

当時、バンド・デシネは出版界の中で安定的な市場であり、メディア・パルティシパシオンの経営もダルゴーの買収により盤石となると考えられていた。しかし、ここで、政教分離、ライシテの問題が出てくる。
バンド・デシネの作家の中には、カトリック色の強いダルゴーで作品を出し続けることを渋る作家が出てきたのだ。日本でも知られるバンド・デシネの巨匠エンキ・ビラルも、ダルゴーがメディア・パルティシパシオンに買収されたことにより、ダルゴーを離れた作家の1人だ。バンド・デシネ作家は、左翼的な考えの人も多く、カトリックは保守党と近いことも嫌がられた要因だ。独立したバンド・デシネ作家としての矜持を保つためには、宗教色の強い出版社とは距離を置くことが必要と考えた作家もいたということである。

このため、バンド・デシネ以外の分野を探すことが急務となった。確実に収益をあげられる分野として白羽の矢がたったのが、「マンガ」である。メディア・パルティシパシオンが最初に出版したのは、日本のマンガではなく、韓国の「マンワ」である。1996年、マンガ出版のために新しく「Kana」というレーベルをつくり、最初に出版したのはHyun Se Lee作の「Angel Dick」と「Armagedon」の2作品であった。最初に韓国のマンワを選んだのは、おそらくは著作権の取得が容易だったこと、そして日本のマンガと比べ割安感もあったことと推測される。なお、マンガ出版以前にの1991年に創業者のレミー・モンターニュは亡くなっており、マンガを出版したときは息子のヴァンサンの代となっていた。
ところが、韓国の作品は売れなかった。マンガ的な体裁を整えていれば、「AKIRA」のような耳目を集める作品になるわけではないということを、ヴァンサン・モンターニュもKanaの担当者も理解した。次の翻訳すべき作品は日本のヒット作と考えた。幸い、「聖闘士星矢」の翻訳権を得ることができた。「聖闘士星矢」はフランスの放送局でアニメが放送されており、既に馴染みのあるタイトルだった。

「聖闘士星矢」の成功で、日本のマンガの市場性に気付いたメディア・パルティシパシオンは日本のマンガの出版を続けることとする。メディア・パルティシパシオンはカトリック系の出版社だったこともあり、基本的には少年ジャンプに連載された作品を中心に、「健全なラインナップ」を心がけた。このためもあり、Kanaのラインナップはスーパーマーケットの書籍売り場にもおかれやすかったという。
フランスでは、多くの欧米諸国と同様、子供が自らお小遣いをもって、ものを買うという習慣はあまりない(せいぜい都市部でパン屋でおやつを買う程度である)。また、フランスでは、日常の買い物をスーパーマーケット1か所で済ませることが多い。共稼ぎが多いので、土曜日に家族で大型スーパーに出かけ、1週間分の買い物をするのがふつうだ。郊外の大型スーパーには書籍売り場もあるが、スーパーの書籍売り場は専門書店と比較して品数が少ない。スーパーの棚においてもらうことは、ベストセラーの必須要件であり、Kanaのブランドはスーパーにおけるものであったのだ。

Kanaが出版し、大ヒットしたのが「NARUTO」だ。「NARUTO」は最盛期の最新刊の初版が20万部を超える大ベストセラーとなった(フランスの人口は日本の半分である)。注目すべきは、「NARUTO」はテレビアニメの放送が始まる前にマンガからヒットしたことだ。
それまで、フランスでヒットしていたマンガは「ドラゴンボール」にしろ、「聖闘士星矢」にしろ、まずテレビアニメが放送され、その人気の余波でマンガが売れるというのが定石だったが、「NARUTO」は日本と同様、マンガが売れて、テレビアニメの放送が促されるという流れを作った。
「NARUT」はフランスの地上波では、暴力的と判断されたシーンをカットされていたため、ポケモンのような人気を博することはできなかったが、ケーブルテレビの新興チャンネルの「Game One」でほぼ日本と同じバージョンのものが放送されるようになった。「Game One」は本来ゲームの紹介やゲームの対戦を放送するチャンネルであったが、NARUTOチャンネルと揶揄されるくらいNARUTOで知名度をあげた。
その後も、KANAは「Death Note」、「黒執事」などのベストセラーマンガの翻訳を行い、マンガ出版社として先行するグレナと肩を並べる存在となっていく。

■ 出版界での足固めをするメディア・パルティシパシオン

一方、マンガという経営を安定させるポートフォリオを得たメディア・パルティシパシオンはフランスの出版界でも重要な地位を占めるようになった。2012年、ヴァンサン・モンターニュはフランス出版社協会(SNE)の会長となった(*14)。
フランスにある600社の出版社を束ねる団体の長となったわけだ。フランスの出版界も他の国の出版界と同様、紙の書籍と電子書籍との共存が重要となっている。フランスの消費税は20%と高いが、紙の書籍も電子書籍も軽減税率で5.5%となっている。ところが、EUより、電子書籍の軽減税率の適用をやめ、他の電子媒体と同じく、通常の消費税率とするよう勧告を受けている。SNE会長の役割はこの電子書籍の軽減税率を守ることだ。
また、シャルリ・エブド襲撃の際、ヴァンサン・モンターニュはSNEの会長として、犠牲者の作品を集めたバンド・デシネの単行本「Je suis Charlie」をSNE加盟のバンド・デシネ出版社が協力して出版し、収益を犠牲者の家族に送ることを発表した。 SNEが「シャルリ・エブド」に寄り添うということを決意表明したということである。

一方、メディア・パルティシパシオンは新分野として中国との関係を強化している。2015年2月より、中国の独立系出版社のComicfans社と合弁で「Urban China」というマンガレーベルを作り、中国の人気マンガをフランス語で出版する。第一弾として出版したのは「La bataille de Shanghai 1937 (1937年の上海の戦い)」というBio Luというマンガ家が書いた抗日戦争を舞台としたマンガだ。

ヴァンサン・モンターニュは、カトリックをサポートする実業家としても依然として大きな役割を果たしている。2012年にバチカンが、全世界にデジタル放送を企画した時(*15)には、資金の出し手として名前があがっている。
メディア・パルティシパシオンとして、カトリック出版の比重は小さい。しかし、ヴァンサン・モンターニュはカトリックの世界の中で、依然として重要な地位を占めているようだ。

*13  Le Monde ”Qui sont les catholiques de France ?” (2014/01/24)
http://www.lemonde.fr/societe/article/2014/01/24/qui-sont-les-catholiques-de-france_4354161_3224.html#rTEPTdQwrewMpBap.99

*14 Le Parisien”Le PDG de Média-Participations Vincent Montagne élu à la présidence du SNE”2012/06/28
*15 La Croix “La Fondation pour l’évangélisation par les médias prend son envol à Rome”2012/01/23