4キッズ第3Q決算苦戦続く 忍者タートルズ売却約9億円

 米国のキャラクターライセンス会社4キッズエンタテインメント(4Kids Entertainment)は、11月9日に2009年第3四半期決算を発表した。業績は第2四半期までに引き続き厳しい状況だった。
 第3四半期単独(2009年7月-9月)の売上高は727万ドルと前年同期比で59%減少し、第3四半期の純損失は711万ドルだった。また、第3四半期までの9ヶ月(2009年1月-9月)では、売上高は2186万ドル(前年同期比56%減)、当期純損失は2740万ドルである。

 4キッズは売上の大幅な減少について、様々な要因が重なったと説明する。ライセンス事業では『忍者タートルズ』、『遊戯王』、『シャーマンキング』からの収入がワールドワイドで減少した。ただし、第3四半期単独では『遊戯王』は米国内で好調だったとしている。
 4キッズのライセンス収入のおよそ8割は、『遊戯王』、『Monster Jam』、『忍者タートルズ』、『キャベツ人形』からもたらされており、主力コンテンツの不調が業績に影響したかたちだ。第3四半期までの売上高は1124万ドル(前年同期比12%減)である。

 また、同社が地上波テレビTheCWで運営するアニメーション放送・広告事業が、売上高を大きく減らした。売上高は14万ドル(同86%減)である。
 映像製作事業でも、『遊戯王』と『忍者タートルズ』の放映権の海外販売は増加したが、他の作品の動きが芳しくなかった。売上高は74万ドル(同35%減)だった。

 4キッズにとって特に厳しかったのは、トレーディングカードゲーム事業である。第3四半期までの売上高は178万ドルと前年から88%減となり、その不振振りが際立っている。これまでに同社が大きな力を入れてきた事業だけに、影響が大きい。
 これはトレーディングカードゲーム『Chaotic』の不調によるところが大きい。これについて4キッズは、昨今の経済環境の悪化、そして販売システムの変更もあり小売店が在庫を大きく減らしたことが影響しているとしている。

 こうした中で4キッズは、今年10月にミラージュ スタジオと共同保有していた「忍者タートルズ: Teenage Mutant Ninja Turtles」のライセンスを大手アニメーション放送局ニコロデオンに売却した。売却による4キッズの受け取り金額は980万ドル(およそ8.8億円)で、現預金が急減している4キッズに取って重要な収入となる。こちらは第4四半期の決算に反映される。
 今後の展開では、NFLとの新たなトレーディングカードゲームの契約が目玉となる。同社が開発したオンライン型のトレーディングカードゲーム『Chaotic』のシステムを流用する。その『Chaotic』は、11月17日に、PS3、Wii、Xbox向けにゲームソフトを発売する。この売れ行きに期待をかける。また、同社のCEOアル・カーン氏は、アニメーション番組のテレビ放送も上昇傾向にあるとして、第4四半期以降にポジティブな見通しを示した。

4キッズエンタテインメント(4Kids Entertainment)
http://www.4kidsentertainment.com/