マンガはなぜ赦されたのか –フランスにおける日本のマンガ- 第1回「はじめにアニメありき」

■ 豊永真美
[昭和女子大現代ビジネス研究所研究員]

[プロローグ]
 
2015年1月7日、フランスで風刺週刊誌「シャルリ・エブド」が襲撃され、同誌に寄稿するバンド・デシネ作家5人を含む⒓人が落命したとき、フランスの出版界はいち早く、弔意を示した。特に目立ったのがバンド・デシネ界隈の人々である。たとえば、バンド・デシネ出版社であるジャック・グレナは複数のテレビ番組に出演した。
ジャック・グレナは、学生時代に、シャルリ・エブド(*1)の前身のシャルリ・マンスエルの使い走りとしてアルバイトを始めたことから犠牲者とのつながりも深く、個人的な哀悼の意と、表現の自由を守るために戦ってきた「シャルリ・エブド」誌への敬意の双方を示すためにテレビ出演をした。

また、フランス出版協会(SNE)の会長であるヴァンサン・モンターニュは1月9日に犠牲者の作家一人一人の業績を称えた追悼声明を発表した。

ジャック・グレナはグレナの社長であり、ヴァンサン・モンターニュはメディア・パルティシパシオンの社長である。そして、グレナとメディア・パルティシパシオンはともに、フランスのマンガ出版を支える企業だ。グレナは「One Piece」を、メディア・パルティシパシオンは「NARUTO」を出版し、フランスのマンガ市場をリードしている。

しかし、日本ではシャルリ・エブド襲撃事件は大きく取り上げられたものの、この二つの出版社の社長の談話は取り上げられなかったようだ。シャルリ・エブド襲撃事件は「表現の自由」、「政教分離」、「移民問題」といったコンテキストでとりあげられても、フランスのバンド・デシネと日本のマンガとのかかわりでこの事件を切り取ったものは見かけることはあまりなかったように思う。

しかし、シャルリ・エブド襲撃やその背景にあるフランスの政治事情を理解するためにフランスのマンガ出版社事情をみることは日本人にとってわかりやすいこととなるだろう。ジャック・グレナの生涯はそのままフランスのバンド・デシネの歴史とつながる。メディア・パルティシパシオンはフランス最大のカトリック出版社であり、フランスの政教分離の現況を理解する一助となる。

また、今回の襲撃事件の背景には、フランスの移民2世がフランス社会に同化できないことが背景にあるといわれているが、移民2世の成功者としてあげられるのがKi-oonという新興マンガ出版社の創業者である。父親がセネガル出身で、自身は移民2世の創業者アメッド・アニュの物語は、フランスの移民問題を具体的に理解するための格好のケースである。

フランスでマンガが根付いたのは、この3社の出版社のように、フランス社会の中にしっかり根をおろした企業がマンガを出版していたからだ。

これに加え、フランスの出版市場で圧倒的な力をもっているアシェットがマンガ市場に参入したことが、マンガの発展を決定づけた。アシェットはフランスの出版市場の5割以上を占める巨大企業である。アシェットが「出版している」ということだけで、マンガは確かな分野となったのだ。また出版の自由を保障するためのアシェットの役割も重要だ。

00年代のNARUTOブームまで、フランスの出版社がフランスのマンガ市場を支えていたが、09年に小学館集英社の子会社VIZがアニメとマンガを出版するKAZE社を買収した。これにより、フランスの既存の出版社から激しい非難を浴びた。フランスのマンガを支えるのは少年ジャンプに連載されているような少年マンガが中心で、小学館集英社が自らの子会社を持つということは、ほかのフランスの出版社が少年ジャンプのタイトルの翻訳権をとることができないということだ。日本の出版社のフランスへの上陸は、フランスのメディアでは「パールハーバー」とさえいわれた。

現在ではKAZEに対する非難は落ち着いているが、これは、現在でもフランスのマンガ市場が結局はフランスの出版社に支えられているからである。もう一つ、VIZがフランスのバンド・デシネを日本に翻訳するようになったことも大きい。VIZが日仏文化の架け橋となることで、初めてフランスの出版界から「赦された」といえる。

本書は以下の構成をとる。
 第1章はフランスにマンガがもたらされた背景
 第2章はフランスのマンガ市場の現状
 第3章はフランスにマンガを持ち込んだジャック・グレナの軌跡
 第4章はカトリック出版社であるメディア・パルティシパシオンがマンガ出版に参入した経緯
 第5章は移民2世のアメッド・アニュがKi-oonというマンガ出版社を起業し自立していく物語
 第6章はフランスの巨大出版社アシェットがマンガ市場に参入した話とフランスの出版界への影響
 第7章は日本資本のVIZがマンガ出版に乗り出したことにより起こった波紋
 第8章はフランスにとってのマンガ、日本のマンガにとってのフランス市場について考察する。

本文が、フランスの出版界とフランス社会の理解の一助となれば幸いである。


(写真)Photo by Christopher Furlong/Getty Images

  
[第1章 はじめにアニメありき
フランスにおける日本マンガの出版の始まり]

■ Recre A2とクラブ・ドロテ

フランスで最初に人気が出た日本のコンテンツはいうまでもなく、テレビアニメである。1978年の夏休みに、フランスの公共チャンネル(1978年当時はフランスには公共放送しかなかった)「RecreA2」(レクレア―・ドゥと読む)という夏休みの特別番組が組まれた。パーソナリティはフランスの子供番組の司会の草分けのドロテという女性歌手が務めていた。この番組の第1回のオープニングでドロテは「夏休みの間おつきあいください」といっており、その後番組が続くということは全く述べていない。

その夏休み期間に放送されたのが「ゴルドラック(日本名グレンダイザー)」である。通常、フランスは夏休み期間中は、テレビの視聴率が下がる。多くの子供たちはバカンスに出かけ、テレビの前にはいない。テレビの前にいる子供というのは、バカンスにいけない低所得者の子供が中心だ。

ところが、1978年の夏は少し様相が違っていた。「ゴルドラック」をフランスに輸入した1人のジャック・カネストリエがのちにフランスのラジオ番組で語ったところによると、1978年の夏は非常に天候が悪く、バカンスに出かけた子供たちもバカンス先でテレビをみるしかすることがなかったらしい。

この天候うんぬんの話は真偽が確かめられないのだが、ゴルドラックが大変な人気となったことは事実だ。このため、RecreA2もゴルドラックも夏休み終了後も継続し、男の子の視聴率100%といわれるお化け番組となる。RecreA2では「キャンディ・キャンディ」や「宇宙海賊キャプテンハーロック」など日本のアニメが続々放送され大人気を博した。司会のドロテも子供番組のスターとなった。
ゴルドラックがどれほど人気だったかというと、テレビアニメを再編した劇場用映画が作られ、フランスで吹き替えられた主題歌は100万枚を超える売り上げを記録した(フランスの人口は日本の半分である!)。ゴルドラックのイラストはカマンベールチーズにも使われたくらいである。

その一方、ゴルドラックを筆頭に、日本のアニメがあまりに人気となったため、批判も寄せられるようになる。ゴルドラックの放送開始からわずか2年後には心理学者のリリアヌ・ルルサ(Liliane Lurçat)が「5歳で、一人で、ゴルドラックと一緒 小さい子供とテレビ(A cinq ans, seul avec Goldorak – Le jeune enfant et la télévision)」という著作をあらわし、子供を一人きりでテレビを見せる危険性を説いた。RecreA2は最盛期は平日の学校終了後の夕方1時間、学校が休みの水曜日には午後の2時間、土曜日は午前中2時間、日曜日は午前中1時間と毎日放送されていた。当時のフランスでは類をみないほどの長時間の放送で、子供が中毒になる危険性が指摘されていた。また、放送された時間は、保護者が仕事や家事をしている時間帯で、親子で一緒にみるものではない。テレビは子供の子守のために存在しており、教育者や心理学者には、子供がテレビを見ることにより恐怖を感じたり、テレビ番組の依存症になることを早くから警告していた。

しかし、公共放送のRecreA2はまだ牧歌的な時代だった。1987年に民放のTF1が設立されたとき、TF1は公共放送の反対を押し切って、ドロテを引き抜き、ドロテをメイン・パーソナリティに据えたクラブ・ドロテの放送を始める。クラブ・ドロテは1RecreA2よりさらに放送時間が長かった。最盛期には毎日放送があり、合計で週30時間程度放送されていた。特に学校が休みの水曜日は昼間8時間、生放送で放送された。ちなみに、RecreA 2はドロテを引き抜かれたあと1988年に終了する。

クラブ・ドロテでは日本のアニメもさらに多く放送された。「ドラゴン・ボール」シリーズや「聖闘士征矢」、「めぞん一刻」などだ。イタリアのベルルスコーニがフランスで持っていた放送局「ラ・サンク」が経営不振により1992年に放送停止に追い込まれたあとは、「ラ・サンク」で放送されていた「キャプテン翼」も放送するようになった。こうして、「クラブ・ドロテ」は最盛期には4-14歳の65%が視聴するというお化け番組となった。

人気が高まると、批判もまた高まる。クラブ・ドロテの批判の急先鋒となったのは、社会党の若き女性代議士セゴレーヌ・ロワイヤルであった。ロワイヤルは1989年に「ザッピングする赤ちゃんにはもう、うんざり(Le ras-le-bol des bébés zappeurs)」という著作をあらわし、日本のアニメは乱暴であり、日本でも、アニメに刺激され宮崎勤のような猟奇的な殺人犯が生まれていると糾弾した。

社会党のロワイヤルが本当に糾弾したかったのは、TF1とその背後にいる保守党勢力である。フランスではTF1誕生後、TF1は保守党支持、公共放送は社会党支持と支持政党が明確に分かれている。社会党の代表者であるロワイヤルはTF1の初代の社長のフランシス・ブイグがTF1を民営化する際、フランス製の子供番組を作るといったのにもかかわらず、日本アニメが多く放送されていることを問題視している。ロワイヤルの糾弾は「社会党と保守党」の代理戦争のコンテキストでもあり、事実、ロワイヤルは同じように日本のアニメを放送していたラ・サンクに対してはさほど糾弾していない。

これに対し、クラブ・ドロテ側は、番組中のコントでロワイヤルの著書をゴミ箱にいれるというコントを発表するなど、お互いが罵り合う展開となってしまった。さらに、ドロテは民放での自分の番組を擁護するためにインタビュー番組に登場した。1992年3月21日に放送された「Double jeu」と番組である。これはフランスの国立視聴覚研究所(*2)のデータベースで確認することができる(*3)。それによると、クラブ・ドロテは放送前に番組を心理学者のグループに見せ、問題がないことを確認していると語っている。その一方で、ドロテは人気の日本アニメが一部、放送できなくなったとき、「CSA(視聴覚高等評議会)(*4)が設定するクォーター制度(欧州・フランス製の番組の放送時間を一定以上確保すること)のために日本のアニメが放送できなくなったので、不満がある人はCSAに手紙を書いてほしい」と呼びかけたとされている。

しかし、クラブ・ドロテでは日本ですら子供にみせることを想定していない「おにいさまへ …」が放送されたこともあった。「おにいさまへ…」(*5)の放送は途中で打ち切りとなってしまい、クラブ・ドロテを批判する勢力の正しさが証明されてしまった。

そして、何より、クラブ・ドロテが高視聴率だからといって、毎日放送し、子供の休暇期間は1日8時間の放送という、ちょっと度を越した長時間放送だったことが批判を呼んだといえるだろう。

こうして、クラブ・ドロテは子供たちには絶大な人気を誇りながらも、批判を常に浴び続けた。そして、フランス人であれば、子供のない人でも、クラブ・ドロテという長時間放送される子供番組があり、それを批判する勢力がいるということを認知しているという不思議な状態が形成されていた。

クラブ・ドロテは1997年に放送終了となるが、その原因はクラブ・ドロテを製作していたABプロダクションが自社で衛星放送を始めるため、TF1とABプロダクションの間でうまくいかなくなったことが一番の要因であるという。

フランスのマンガの出版社は、テレビにおける日本アニメの人気と批判を踏まえたうえでフランスでの展開をしている。
 
フランスで沸き起こった日本アニメ批判は無視できないほど大きいものであり、TF1は大企業であったから持ちこたえた。またTF1は保守党政権が支持していたということも大きいだろう。ただ、放送局と比較して圧倒的に規模に劣る出版社では大きな批判を受けた時、その批判を受け止めることは難しい。マンガ出版社はこのような批判を踏まえたうえで、慎重に展開していった。

以下、フランスの主要なマンガ出版社が、フランス社会にマンガを根付かせるためにどのような戦略をとっていったかを紹介する。

*1 フランス語で「エブド」は週刊、「マンスエル」は月刊の意味
*2 フランスでは書籍が国立図書館に献本が義務付けられているのと同じように、テレビ番組は全てINAに納入することが定められている INAは1975年に設立された 放送の納入義務は1995年に地上波2000年にはケーブルと衛星放送、2005年には地上波デジタルに拡大されている なおINAがすべての放送局に番組の納入義務を課す前にも、 放送はアーカイブを持っており、INAはそれを引き継いでいる
*3 INAデータベース http://www.ina.fr/video/I08191959/dorothee-a-propos-des-programmes-de-son-emission-video.html (2015/03/04 閲覧)
*4 CSA(視聴覚高等評議会)とは放送局の放送内容が適切であるかどうか審査する機関 フランスでは放送番組にクォーター制度があり、フランスを含む欧州製の番組が放送枠の40%以上でなくてはいけない CSAについての詳しい説明はNHK「放送研究と調査」(2010年10月号)の中の「フランスCSA(視聴覚高等評議会) 」を参照のこと
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/report/2010_10/101006.pdf (2015/03/04閲覧)
*5 「おにいさまへ…」は池田理代子原作の少女マンガをもとに1991年に製作されたアニメ。同性愛的な関係を取り上げている。日本ではBS-2で放送されていた。放送時間は夕刻と、日本でも子どもが視聴できる時間だったようだが、BSだったこともあるのか、日本では問題となったことはないようだ