CGアニメがビジネス的にも成功/2014年10大ニュース解説(2)

3. CGアニメーション大躍進

CGアニメは過去数年、着実な成長を続けてきた。2011年の『friends もののけ島のナキ』はCGアニメ映画のビジネスの可能性を生み出したし、2012年公開の『009 RE:CYBORG』や2013年にスタートした『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』はセルルックCGアニメの発展に大きな貢献をした。
それでも2014年のCGアニメーションの同時多発的なビジネスの成功は、特筆すべきものだ。『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』、『楽園追放-Expelled from Paradise-』『シドニアの騎士』などヒット作が相次いでいる。一般層からコアファンまで、鑑賞者がセルアニメとCGをあまり区別しなくなったともいえる。
なかでも興収80億円の『STAND BY ME ドラえもん』は、これまでの2Dセルアニメの同作のシリーズの興収を大きく超えた。CGになることで、むしろ子どもたちだけでない大人の観客を惹きつけた。

CGアニメの躍進は、受け手だけでなく作り手の変化も大きい。海外のCGアニメーションとは異なる、セルタッチのCGアニメが広がっている。
こうした作品はこれまで『009 RE:CYBORG』、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』のサンジゲンに代表された。2014年には『楽園追放』のグラフィニカや、『シドニアの騎士』『山賊の娘ローニャ』などのポリゴン・ピクチュアズが加わる。

そのポリゴン・ピクチュアズの国内テレビアニメ製作進出も大きなニュースである。同社はこれまで海外からの元請受注で評価を高めてきた。それが2014年の日本向けの『シドニアの騎士』で国内テレビアニメシリーズに進出する。自社の作品を全てCGでないとして、CGアニメでなくデジタルアニメーションと呼ぶ。ここからは独自の技術を確立していることが窺える。
海外スタジオの設立が可能にした制作体制、海外販売では動画配信の世界的大手Netflixへの独占販売などビジネス的にも特徴が多い。今後の活躍が期待されている。
CGアニメの好調は、今後さらなる企業の参入を招きそうだ。アニメ製作の有力企業IGポートは、2014年10月にフルデジタルのアニメーション制作のシグナル・エムディを設立している。
[数土直志]