「アニメ産業就職セミナー」、業界志望者に制作からプロデュース、企画・製作まで15講座

00

アニメ業界への就業を希望する専門学校生や大学生に向けたアニメ産業の連続講座が、2015年1月に連続して開催される。セミナーは1講座90分、全15講座で毎回テーマや内容が異なる。
テーマはアニメ業界の基礎知識やプロデューサーやテレビ局、映像パッケージメーカーの仕事、企画の立て方や脚本の作り方など多岐にわたる。開催日は1月17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)の4日間、各日3講座から4講座となる。会場は東京千代田区一ツ橋の日本教育会館である。

「アニメ産業就職セミナー」は、アニメ・マンガ分野の人材育成を目指す文部科学省の「アニメ・マンガ人材養成産官学連携コンソーシアム」事業の一環である。通常の就職セミナーは企業と学生のマッチングが中心になるが、ここではその前段階である仕事を知ることがフォーカスされている。アニメ業界への就職を決めたわけではないけれど、どんな仕事なのか知りたいという人にも最適だ。全ての講座を網羅すれば、アニメ業界を概観できる。もちろん気になる1日だけを受講するのも可能だ。

講師陣には増田弘道氏(ビデオマーケット取締役)、片岡義朗氏(コントラ代表取締役社長)、舛本和也 氏(トリガー取締役)、樋口弘光氏(サンライズ マネージャー/プロデューサー)、竹内宏彰氏(テイク・ワイ 代表取締役)、氷川竜介氏(アニメ評論家)、布川郁司氏(ぴえろ取締役最高顧問)、南雅彦氏(ボンズ代表取締役)ほか、実際に現場などで経験豊かな専門家が並ぶ。
参加は無料で、事前にメールにて(staff@humanmedia.co.jp)へ1日単位申し込む。メールタイトルは「アニメ産業就職セミナー」とし、氏名、学校・学年・学部・コース名、連絡先メールアドレス、参加希望日程を記入する。

文部科学省事業「アニメ・マンガ人材養成産官学連携コンソーシアム」
http://amecon.jp/