エイベックスと講談社、集英社、小学館、アニメ配信サービス新会社アニメタイムズ設立

エイベックス・グループは 映像配信サービスに特化した専門子会社を立ち上げる。同社は11月25日付けで、株式会社アニメタイムズ社を2015年1月に設立すると発表した。同社の100%子会社であるエイベックス・ピクチャーズのほか、講談社、集英社、および小学館が共同出資する。また現在、他の出資者による出資も検討中としている。エイベックス・ピクチャーズは2014年に設立されたグループの映像部門の戦略会社。アニメを中心に映像の企画・製作、販売をする。
資本金は1億円、取締役会長にはエイベックス・グループ・ホールディングスの代表取締役CFOでるエイベックス・ピクチャーズ社長の竹内成和氏が就任する。また代表取締役社長にはイベックス・ピクチャーズの取締役アニメ制作本部長の勝股英夫氏が就く予定だ。

アニメタイムズの主な事業は、映像配信サービス向けたアニメ作品の供給だ。これによりエイベックス・グループが運営する映像配信サービス「dビデオ」や「UULA」向けのアニメ作品調達窓口が一本化される新会社の設立は作品ラインナップの強化につながるだろう。
さらに映像配信はグループ外にも提供する。現在、国内には多くのアニメ配信サービスがあるが、そうしたなかでアニメ作品の配信権利の取りまとめ、ハブ機能を目指しているようだ。

また注目されるのは、大手出版社の共同出資であることだ。講談社、集英社、小学館は、有力なアニメ原作作品を多数抱えている。豊富な原作力を活かした、配信タイトルの充実が期待される。
新会社設立の背景として、エイベックス・グループは、アニメに対するユーザーの楽しみ方の変化をあげる。近年デジタル技術の進化にともない、従来のテレビやDVDなどのパッケージを中心した楽しみ方に加え、デジタル配信による需要が拡大している。そうした背景のもと、アニメビジネスは、いつでもどこでもアニメを楽しめる環境づくり構築を目指す。

昨今のアニメビジネスは、パッケージ・ビジネスは縮小傾向にあるのに対し、配信サービスが好調を見せている。そんな状況のなか、エンターテイメント市場の最大手であるエイベックスが配信サービスに特化した新会社を設立したことは、象徴的である。アニメタイムズが、アニメ産業拡大にどのように貢献するか注目される。

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
http://www.avex.co.jp

株式会社アニメタイムズ社
設立年月日:平成27年1月
資本金:1億円
本店所在地:東京都港区六本木一丁目6番1号
代表者:代表取締役社長 勝股 英夫 (エイベックス・ピクチャーズ取締役 アニメ制作本部長)