エイベックス・グループが六本木に本社を一時移転 本社ビル建替えで

音楽・映像のエイベックス・グループが、東京都渋谷区南青山の本社を六本木に移転した。新本社は東京都港区六本木一丁目の泉ガーデンタワーになる。泉ガーデンタワーは東京メトロ六本木一丁目駅に隣接した大型ビルである。
エイベックス・グループ・ホールディングスのほか、エイベックス・デジタル、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ、エイベックス・ライヴ・クリエイティヴなどが移転している。グループ会社でアニメ・映像関連事業のエイベックス・ピクチャーズも、9月16日に新たに港区六本木一丁目の泉ガーデンタワーを本社とした。

グループの機能の大半を六本木に移したかたちだが、3年後の2017年秋には新本社ビルが竣工し再び南青山に戻ってくる。旧本社は表参道から数分に位置する自社保有のエイベックス本社ビルで、地域のランドマークタワー的な存在であった。しかし、ビルは築33年となっており耐震改修工事などを検討した際に、多額の修繕・改修費が発生することがわかった。
一方で、「青山のエイベックス」といったブランドイメージを大切にしたいとし、全面的な建替えをし、2017年9月の竣工(予定)は、新本社ビルとして活用する。新本社ビルは地上18階地下2階、延床面積およそ2万7825m2を予定している。建替え事業費は約143億円である。

エイベックス・グループ
http://www.avex.co.jp/