CEDEC2014セッションに「アイカツ!」や「楽園追放」

コンピュータエンターテインメント開発者のための国内最大のカンファレンス、CEDEC 2014が、今年も9月2日から4日までパシフィコ横浜で開催される。CEDECでは専門性の高いセッションが数多く設けられており、2014年は209件を予定している。
CEDECはもともとコンピュターゲームをテーマにしてきたが、近年はソーシャルゲームの急激な普及により、テーマとなるジャンルも拡大している。また、CG関連のセッションが多く、アニメーションのCG関係のセッションも少なくない。アニメーション関係者が関心を持ちそうなものもある。

初日の基調講演となる作家・冲方丁氏の「物語の力」も、そうしたひとつだろう。冲方丁氏は『天地明察』などのヒット作などで知られるが、アニメ分野でも積極的に活動する。『蒼穹のファフナー』の脚本や『シュヴァリエ』のシリーズ構成を務めた。現在、劇場上映が順次されている「攻殻機動隊 ARISE」のシリーズ構成も担当、2014年秋からは『PSYCHO-PASS サイコパス 2』のシリーズ構成も発表されている。公演では、「物語」についてどんなトークが飛び出すか注目される。

9月2日には「『アイカツ! アイドルカツドウ』におけるダンスアニメーション制作事例」、9月3日には、「週間セルルックTVアニメーション現場のツール開発事情」もある。後者ではテレビアニメ『団地ともお』のワークフローが紹介されるとのことだ。
9月4日の「『楽園追放 -Expelled From Paradise-』にみるCGアニメの制作フロー」も、アニメ関係者には興味深いだろう。CGアニメーションで定評のあるグラフィニカが、11月15日に公開予定の劇場アニメ『楽園追放』を例にCGアニメーションとリミテッドアニメーションの融合ワークフローについて紹介する。

上記のうち冲方丁氏の基調講演と、「『アイカツ! アイドルカツドウ』におけるダンスアニメーション制作事例」はニコニコ生放送でライブ配信される。こちらは会社や自宅にいながら講演を聴くことも可能だ。
このほか209のセッションには、エンジニアリングやビジュアルアーツ、ゲームデザイン、サウンド、オンライン・ネットワーク、ビジネス、プロデュース、アカデミック、基盤技術などがある。詳しい内容はCEDECの公式サイトにて確認できる。

コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2014 
(CEDEC 2014)
http://cedec.cesa.or.jp/2014/
会期: 2014年9月2日(火)~4日(木)
会場: パシフィコ横浜 会議センター
主催: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社