フジテレビ 「ジョジョの奇妙な冒険」などのアニメ制作会社デイヴィッドプロダクションを子会社化

フジテレビジョンは2014年8月1日付で、東京・田無市に本拠を持つアニメ制作会社のデイヴィッドプロダクションを子会社化した。デイヴィッドプロダクションは、2007年9月にGDH(現ゴンゾ)出身の沖浦泰斗氏、梶田浩司氏らが設立した。元請制作の作品として、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』やその続編『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』、『戦う司書』、『リストランテ・パラディーソ』などヒット作や話題作がある。
フジテレビの持株比率や株式の譲渡価格は明らかにされていない。一方で、フジテレビの総合開発局長の清水賢治氏がデイヴィッドプロダクションの非常勤の取締役副社長に、コンテンツ事業局コンテンツ事業部長の宮道治朗氏とアニメ開発部部長の松崎容子氏がそれぞれ非常勤の取締役に就任している。今後、両社が協力して事業を進めていくことが窺われる。

フジテレビは2013年1月にアニメ開発部を設置、アニメの多角的な事業開発を目指している。今回のデイヴィッドプロダクションの子会社化はこの一環だとしている。優れた企画・制作力を持った同社と共に、アニメ事業の基盤整備を進め、海外も視野に入れた展開を推進するという。

テレビ局によるアニメ制作会社の子会社化は、これまでにも日本テレビ放送網やテレビ朝日が実施している。日本テレビ放送網は2011年にマッドハウス、2014年1月にタツノコプロを子会社化した。テレビ朝日は、2009年にシンエイ動画を子会社化している。
フジテレビションは2000年代半ばにGDHに出資をしたことはあるが、アニメ制作会社を子会社とするのは初めてである。アニメビジネス開発に積極的に取り組むことが判る。

一方で、これまでの日本テレビやテレビ朝日のアニメ制作会社の買収は、歴史の長い会社ばかりとなっている。アニメ制作の現場と同時に、そうした企業が長年保有するキャラクターや作品ライブラリーに投資している面も強い。
しかし今回のデイヴィッドプロダクションは設立して7年と歴史は決して長くなく、同社自身が権利を持つ作品はあまりないとみられる。そうした点では、まさにデイヴィッドプロダクションが持つ企画力に投資したかたちだ。テレビ局とアニメ制作会社の新たな取り組みとして注目される。

フジテレビション
http://www.fujitv.co.jp/
デイヴィッドプロダクション
http://davidproduction.jp/outline.html