ネット小説の新人賞設立 ジャンルを超えた大手5社が協力

ネット小説の新人賞「ミライショウセツ大賞 ネット発クリエイター発掘・応援計画」の設立が2014年7月31日に発表された。小説やマンガの新人賞はこれまでにも少なくない、また近年はインターネットやモバイルをベースしたコンテストも数多い。
それでも今回のミライショウセツ大賞は大きな関心を集めることになりそうだ。賞の設立にあたり、エイベックス・ピクチャーズ、KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー、グリー、サミー、ピクシブの5社が名を連ねているからだ。出版社だけでなく、アニメ・音楽製作、遊技機開発、ソーシャルネットワークサービスといった様々な分野の企業が取り組む新しいかたちのコンテストとなる。このメンバー企業だけで、大規模なメディアミックスが可能だろう。

実際にコンテストでは、受賞作品のビジネス化を具体的に視野に入れている。優秀作品は書籍化されエンターブレインから刊行される。
書籍化した作品のうち、セールスとユーザー支持を参考に大賞を決定。大賞はアニメ化や映像化、さらにグッズやソーシャルゲーム化など幅広いジャンルで作品の周知拡大とメディアミックス展開をする。

ミライショウセツ大賞は、テーマやジャンルを限定せず広く作品を募集するミライショウセツ部門と、期間毎のテーマに沿った作品を募集するテーマ部門の2部門から構成される。コンテスト開催期間中は2、3ヶ月毎に期限を区切って選考を行う。
小説の投稿はpixivから行う。ネット投稿の長所を活かし、読者の評価も加味して選考を行う。そして読者が今読みたいと求める小説をスピーディーに出版していく。大賞の賞金は100万円で、発表は2015年10月頃を予定している。

「ミライショウセツ大賞 ネット発クリエイター発掘・応援計画」
ミライショウセツ部門 http://www.pixiv.net/novel/contest/mirai
テーマ部門 http://www.pixiv.net/novel/contest/mirai_theme