「ソードアート・オンライン」国内累計1000万部突破 電撃文庫で2タイトル目

KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーは、電撃文庫の人気作品「ソードアート・オンライン」シリーズの国内累計発行部数が、1000万部を突破することを明らかにした。2014年8月9日にシリーズ最新作に第15巻が発売されるが、ここで記録を達成する。
「ソードアート・オンライン」は、著作・川原礫さん、イラスト・abecさんで2009年より刊行がスタートした。5年間あまりの短期間での大台達成となる。作品の人気の高さをあらためて感じさせるものだ。

人気タイトルの数多い電撃文庫だが、それでもこれまで国内累計発行部数で1000万部を超えたのは、「とある魔術の禁書目録(インデックス)」シリーズ(著・鎌池和馬、イラスト・はいむらきよたか)のみである。今回はそれに続く、2タイトル目の快挙である。
「ソードアート・オンライン」シリーズは、謎の次世代オンラインゲーム“ソードアート・オンライン”の世界に張り込んだ主人公・キリトが、バーチャルな空間で戦い、活躍する。もともとの高い人気に加えて、2012年7月からのテレビアニメ化が作品の認知度をさらに高めた。アニメ化による原作のマンガ・小説の売り上げ促進効果は広く知られているが、その代表作となる。
この7月からは、第2シーズン『ソードアート・オンラインⅡ』が放送されている。こちらも人気だが、第2シーズンの放送と第15巻の発売が重なったことで、小説の売上げはさらに拡大しそうだ。

「ソードアート・オンライン」シリーズの大きな特徴は、日本だけでなく海外でも人気を誇っていることだ。海外で累計発行部数は日本での4割相当にあたる400万部にも達する。日本の小説としては驚異的な数字だ。
現在、海外での発行は、中国、台湾、韓国、タイ、そして米国、イギリス、カナダとなっている。東アジアと北米地域が中心だ。しかし、今後はフランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、スイス、ベトナムでも出版を予定している。海外の読者も今後さらに拡大しそうだ。
作品は原作小説、アニメのほか、マンガ、コンシューマーゲームやモバイルゲーム、関連グッズ、イベントなど様々なジャンルに広がっている。作品のさらなる展開も期待されている。