テレビ東京 人気アニメのモバイルゲームでアジア進出 「しゅごキャラ!」など3作品

テレビ東京が、モバイルゲームを通じたアジア地域へのビジネス展開を進める。同局は7月25日に、中国のモバイルゲーム開発会社大手のiDreamSkyとモバイルゲーム製作契約を締結した。
ゲームはテレビ東京も出資するアニメ作品に基づいて開発される。アニメ3作品は、『しゅごキャラ!』、『ノブナガ・ザ・フール』、『トータル・イクリプス』となっている。

『しゅごキャラ!』は女児向けの作品で、主人公あむやその友人と少し変わった生き物しゅごキャラたちが活躍する。『ノブナガ・ザ・フール』と『トータル・イクリプス』は、いずれもSFロボットアニメとなっている。モバイルゲームのターゲットは明らかにされていないが、アニメ好きの若者がターゲットになりそうだ。
いずれのモバイルゲームも2015年、中国を中心にアジア10ヵ国での配信をする。
テレビ東京では中国とアジアのモバイル市場は急成長しており、ビジネスチャンスが大きいと見たようだ。3作品以降も継続的なビジネスを目指し、海外事業の収益拡大につなげる考えだ。同時に、ゲームを通じた海外のアニメファンの増加も狙う。

iDreamSkyは、2009年に中国・深センに設立したモバイルゲーム企業である。短期間に急成長し、中国だけでなくアジア各国にゲームを提供する。前期の売上高は6500万ドル、『Fruit Ninja』、『Temple Run』などの代表作がある。
テレビ東京はiDreamSkyの持つ幅広い配給網を期待する。アジア地域ビジネス拡大を目指す。