CEDEC AWARDS 2014特別賞にすぎやまこういち、著述賞・DeNAに決定

今年も9月2日から4日まで、パシフィコ横浜にて日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンスであるCEDEC 2014が開催される。CEDEC はコンピュータエンターテインメント開発者のための最新情報の交換の場であるだけでなく、業界全体の振興と発展も目指している。
そうしたひとつとして毎年CEDEC AWARDS は決定、この分野で優れた業績を残した人物・団体を顕彰している。2014年は特別賞には作曲家すぎやまこういち氏に、著述賞にDeNAを決定した。

すぎやまこういち氏は、ゲーム関連ではドラゴンクエストシリーズでお馴染みだ。一方で、ザ・ピーナッツの『恋のフーガ』、ザ・タイガースの『花の首飾り』ポップス、歌謡曲でもヒットメーカーとして活躍する。
さらにアニメでは『伝説巨神イデオン』、『サイボーグ009』(1979年)などでも代表作が多い。ゲームの音楽と様々なジャンルの音楽をつなげる役割を果たした。

一方、DeNAの受賞は『Mobageを支える技術 ~ソーシャルゲームの舞台裏~』(技術評論社・刊)の実績によるものだ。ソーシャルゲームの技術を知る良書として、評価した。

CEDEC 2014
http://cedec.cesa.or.jp/2014/