東京アニメアワードフェスティバル2015 開催正式発表 コンペ作品募集開始

7月18日、日本動画協会は東京アニメアワードフェスティバル2015の開催を正式に発表した。併せてコンペティション部門の作品募集を開始している。
今年初開催した東京アニメアワードフェスティバルは、昨年までの東京国際アニメフェア内で実施していた東京アニメアワードを映画祭として規模を拡大したものになる。

東京アニメアワードフェスティバル2015では、前回に引き続き、3部門を設ける。日本国内で未興行のアニメーション作品を対象にしたコンペティション部門、この1年間に日本のファンを魅了した作品を対象としたアニメ オブ ザ イヤー部門、 アニメーション業界の貢献者や先人を顕彰するアニメメ功労部門で表彰を行う。
このほか、スペシャル上映やスペシャルイベントの実施も予定している。既に発表になっているものでは、アニメミライ2015のプレミア上映がある。

募集を開始したコンペティション部門は、長編アニメーション部門と短編アニメーション部門に分かれている。特に前身の東京アニメアワードでは長編アニメーション部門を設けていなかったため、今年はこの新たな試みに関心が高かった。
長編のノミネート5作品のうち、『ミニスキュル』は国内での公開も決定している。今回もどのような作品となるのか注目が集まる。応募の締め切りは10月31日までとなっている。
[真狩祐志]

東京アニメアワードフェスティバル
http://animefestival.jp/