東映アニメ 新コンテンツでスマホ向けゲーム進出 、「円環のパンデミカ」 スタート

東映アニメーションは、7月23日よりスマートフォン向け新作ゲーム『円環のパンデミカ』のサービスを開始した。『円環のパンデミカ』は、今回のゲームのために開発されたオリジナルコンテンツである。
同社はこれまでにも既存の有力作品、キャラクターでスマートフォン向けゲームを手がけてきたが、今回はオリジナルコンテンツでの試みとなる。アニメではなく、ゲームからのキャラクター開発を目指す。東映アニメが新しいビジネスモデルに挑戦する意欲作である。

実際に『円環のパンデミカ』では、今後ゲーム展開の後に様々なメディアで作品を送り出していく予定だという。「アニメ→ゲーム」でなく、「ゲーム→アニメ」といった、これまでの同社のコンテンツ展開の流れをひっくり返す狙いがあると見られる。
ゲームは、謎の新種ウイルスで凶暴化した感染者によって世界の大半を奪われた現代を舞台とする。プレイヤーは探索者として、最大10人のパーティを組みながらミッションにトライする。ゲームにおいては、戦略性とスリリングな緊張感の体験を盛り込んだ。さらに仲間になるキャラクターたちを集めるコレクション性、育成要素も大きな魅力としている。

『円環のパンデミカ』
http://circlepandemica.com/