「ワンピース」のテーマパーク 2015年春、東京タワーにオープン アミューズが新会社設立

2015年春に、『ワンピース』のテーマパークが東京の真ん中に登場する。ワンピース公式サイトは、2015年春、東京タワーに「ワンピース テーマパーク(仮称)」を開館することを明らかにした。
テーマパークは、ライブやアトラクション、レストラン、オリジナルグッズを販売するショップなどから構成される。テーマパークの公式サイトもティザーオープンし、情報発信を開始している。詳細は今後マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で発表していく。

マンガやアニメで人気の『ワンピース』は、テーマパークのアトラクションや展覧会など、これまでも様々なかたちでライブアクションなエンタテインメントになっている。新しいコンテンツの展開として注目されるライブイベントを積極的に活用する。いずれも大人気だが、その多くは開催期間を限定した一時的なイベントの要素が強い。
しかし、今回いつでも訪れることが出来る恒久施設となりそうだ。これまでの経験を活かして究極のキャラクタービジネスといえるテーマパークで、『ワンピース』の展開を目指す。

一方、今回の企画・運営に、音楽ビジネス大手のアミューズが大きな役割を果たす。アミューズは7月22日付で、新会社として株式会社アミューズクエスト(仮称)を設立することを発表している。
アミューズクエストは、東京タワーフットタウンビルで行うAMUSE TOKYO TOWER プロジェクト(仮)の事業を進める企画、制作会社となる。同社は今後、マンガ『ワンピース』とアニメ『ワンピース』を題材にテーマパークの企画、開発、運営を目指すとしている。
テーマパーク事業にあたっては、AMUSE TOKYO TOWER プロジェクト有限責任事業組合(仮称)が2014年9月26日に設立される予定だ。資本金は30億円、アミューズクエストがこれに出資するほか、さらに数社が出資する。

「ワンピース テーマパーク」(仮称)
http://onepiecetower.com/