アニメ制作特化のクラウディングサイト“AniCool” 映像配信も目指す

アニメ制作に特化したクラウドファンディングサイトが7月10日にオープンした。Stone Freeが運営する「AniCool」である。Stone Freeはオリジナルのアニメ、マンガコンテンツを世界に向けて配信するサービスの企画、開発、運営を手掛けている。AniCoolもそうした事業の一環だ。
AniCoolはファンがアニメーターに制作資金を提供し、支援する仕組みを提供する。Stone Freeではアニメーターが本当に創りたいアニメを創る仕組みと説明する。

この仕組みでは、まずAniCoolにて作品の資金調達を実施する。この際の仲介手数料はかからない。資金調達に成功した後に、アニメ制作に入る。さらに完成したオリジナルアニメを無料でネットにて世界中に発信していく。完成した作品通じて、マネタイズを目指していると考えてよさそうだ。

サイトの流れは従来のクラウドファンディングサイトと同じである。ファンは支援額に応じて、限定グッズやアニメへの声優出演権などの特典を受け取る。
初年度はアニメ制作チームや制作会社との協力により、月に1本のペースでアニメ制作プロジェクトを立ち上げていくとしている。サイトの言語は、オープン時は日本語と英語のみだが、中国語(簡体字、繁体字)での提供も近日中に予定している。
なお現在のプロジェクトは、『セレンディピティ-幸福なる偶然-』(中野拓人監督)だ。新技法による個人でのアニメ制作、そしてクラウドファンディングによるアニメの本編制作として世界最長の上映時間を持つ作品に挑戦するという。