CEDEC基調講演、作家・冲方丁氏、ウェアラブルコンピューティングの塚本昌彦氏

コンピュータエンタテインメント開発者向けカンファレンスCEDEC 2014が、9月2日から4日の3日間、パシフィコ横浜で開催される。その大会テーマと基調講演の講演者が発表された。
今年のテーマは「Go for it!」。前に進む意思を感じさせるものだ。また基調講演には、作家の冲方丁氏と神戸大学大学院工学研究科の塚本昌彦教授、そしてセガ取締役CCOの名越稔洋氏が決まった。

コンピュータエンタテインメントを支える「物語」の創造、近年大きなトレンドになっているウェアラブルコンピューティングとゲームの展開、さらにゲームクリエイターのそれぞれ異なった3つのテーマを定めたかたちだ。
CEDEC はコンピュータエンターテインメント開発者たちの最新情報や知識の共有を目指している。毎年夏に横浜で開催されている。一方で会議では、コンピュータエンターテインメントに限定することなく関連分野の様々なテーマを取りあげて参加者を募る。基調講演はそうした特徴が表れている。
今回も作家とウェアラブルコンピューティングの第一人者というユニークが組み込まれた。クロスオーバーなトークに期待したい。

冲方丁氏は、マルドゥック・シリーズ や『天地明察』などの小説で知られる。「攻殻機動隊 ARISE」シリーズのシリーズ構成や脚本などでアニメファンにもお馴染みだ。
基調講演は9月2日。なぜ人は物語を求めるのか、そもそも物語とはなんであるかなど「物語」を掘り下げる。
塚本教授は9月3日に登壇する。グーグルグラスやオキュラスリフトが注目される中で、ウェアラブルコンピューティングの専門家としてコンピュータエンターテインメントがどう変わろうとするのかについて展望する。一番ゲームに近いの名越氏あ9月4日に『龍が如く』シリーズなどを手がけるゲーム業界のトップクリエイターとして、これからのクリエイターの姿を語る。

CEDEC2014
http://cedec.cesa.or.jp/

基調講演
http://cedec.cesa.or.jp/2014/program/KN/