CEDEC AWARDS 2014優秀賞にサンジゲン、テクネ映像の教室など

日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンスであるCEDECが、CEDEC AWARDS 2014の優秀賞受賞者を発表した。「エンジニアリング」「ビジュアル・アーツ」「サウンド」「ネットワーク」「ゲームデザイン」の5部門で各5つの個人・グループの合計25の受賞者が選ばれた。
CEDEC AWARDSは、コンピュータエンターテインメント開発の進歩に功績のあった技術にフォーカスし、その開発者の功績を称える。ゲームの技術を顕彰する数少ない国内の賞として毎年注目されている。9月3日には、優秀賞の受賞者の中からパシフィコ横浜のCEDEC会場で最優秀賞が発表される。

優秀賞のなかには、アニメに馴染み深い名前も含まれている。ビジュアル・アーツ部門に、CGアニメスタジオのサンジゲンのCG作画部スタッフが選ばれた。受賞の対象になったのは「3DCGによる新たなアニメ表現に挑戦、進化を続ける先駆者」である。同社が近年推し進めるセルアニメスタイルのCGアニメへの挑戦が評価された。
同じビジュアル・アーツ部門には、Unreal Engine 4 デモ 「Infiltrator」 開発チーム(Epic Games)、CGアニメーションの欠かせないソフト「SOFTIMAGE」の開発チーム(AUTODESK)、「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」 開発チーム(サイバーコネクトツー)、それに「テクネ 映像の教室」 制作チーム (日本放送協会)が選ばれた。教育とエンタテイメント、テクノロジーへの啓蒙をするテレビ番組「テクネ 映像の教室」の選出が興味深い。

ゲームデザイン部門では、「艦隊これくしょん」 開発チーム(DMM.com/角川ゲームス)も挙がっている。ネットワーク部門のTwitterハッシュタグの日本語対応などもユニークだ。テクノロジーの様々な分野をカバーする。
また最優秀賞投票の受け付けを開始した。これら25の個人とグループの中からCEDEC 2014受講者、講演者およびCEDEC運営委員会の投票により、各部門の最優秀賞授賞者各1組を決定する。

CEDEC2014
http://cedec.cesa.or.jp/

CEDEC AWARDS 2014優秀賞授賞者(最優秀賞授賞ノミネート)一覧

[エンジニアリング部門]
■ 開発者が力を発揮できるプラットフォームを構築
「PlayStation 4」 開発チーム(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)
■ ゲームエンジンの民主化を更に推進
「Unreal Engine 4」 開発チーム(Epic Games)
■ HDリメイクの在り方を提示
ヘキサドライブ HD リメイク開発チーム(株式会社ヘキサドライブ)
■ 3Dリメイクの在り方を提示
「セガ3D復刻プロジェクト」開発チーム(株式会社セガ)
■ 現世代コンソール機におけるグラフィックス技術の指標として君臨
「KILLZONE : SHADOW FALL」 開発チーム(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)

[ビジュアル・アーツ部門]
■ 3DCGゲーム開発黎明期から多くのアーティストを支え続けた陰の立役者
「SOFTIMAGE」 開発チーム(Autodesk)
■ 原作の漫画表現をリアルタイムに表現、3Dならではの作品へと昇華
「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」 開発チーム(株式会社サイバーコネクトツー)
■ 3DCGによる新たなアニメ表現に挑戦、進化を続ける先駆者
CG作画部スタッフ一同(株式会社サンジゲン)
■ デジタル表現を次世代を担う若者たちへ分かりやすく啓蒙
「テクネ 映像の教室」 制作チーム(日本放送協会)
■ 新世代ビジュアル表現の展覧会、開発者・アーティストへのクオリティ指標を提示
Unreal Engine 4 デモ 「Infiltrator」 開発チーム(Epic Games)

[ゲームデザイン部門]
■ 擬人化・女性化という手法を艦船に応用したコンセプトワーク
「艦隊これくしょん」 開発チーム(株式会社DMM.com/株式会社角川ゲームス)
■ アーケードも基本無料としたスマートフォンとの巧みな連携
「ぷよぷよ!!クエスト」シリーズ開発チーム(株式会社セガ)
■ 不可視キャラクターを操作する総合的なゲームデザイン
「rain」 開発チーム(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)
■ 地味な作業から政治的と人間的な問題を考えさせるゲーム
Lucas Pope (Papers, Please)
■ 大衆にムーブメントを起こした新しいリアルなゲーム体験
リアル脱出ゲーム(株式会社SCRAP)

[サウンド部門]
■ TVスピーカーにおける音響表現の追求と再生環境の改善活動
「FINAL FANTASY XIII」 シリーズ サウンド開発チーム(株式会社スクウェア・エニックス)
■ ファンとの交流を通じてゲーム音楽を文化に昇格させるための積極的取組み
坂本英城氏(株式会社ノイジークローク)
■ CDなどのサウンドトラックでは味わえないゲームサウンドの新しい楽しみ方
「NAMCO Sound Player」 サウンド開発チーム(株式会社バンダイナムコスタジオ)
■ ハイレゾ音源を用いたゲームサウンドトラックの新たな可能性の提案
「Before Meteor : FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack」
「A REALM REBORN: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack」制作チーム(株式会社スクウェア・エニックス)
■ ゲームオーディオを先駆するサラウンド技術普及と標準化への長期にわたる貢献
元ゲームオーディオ担当チーム(Dolby Japan 株式会社)

[ネットワーク部門]
■ PS4のユーザー自身による体験の配信と共有手段
「PS4 Share」 開発・運営チーム(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)
■ Wii U GamePad の遅延無き映像音声転送
「Wii U」 開発チーム(任天堂株式会社)
■ オープンな標準化技術で設計されたXbox OneのP2Pネットワークアーキテクチャ
MSの設計部門(日本マイクロソフト株式会社)
■ 電話、メールに替わるコミュニケーション手段のインフラ構築と提供
LINEインフラチーム(LINE株式会社)
■ Twitterハッシュタグの日本語対応
日本語ハッシュタグ担当者(Twitter Japan株式会社)