京都市がジャパンエキスポ2014に 京まふや地元アニメをPR

7月2日から7月6日までフランス・パリで開催されるジャパン・エキスポ2014に京都市ブースが出展する。京都で開催されるアニメ・マンガの大型イベントの京まふや地元を舞台にした映画やアニメ作品を紹介する。
今回のブースは、京都市産業観光局観光MICE推進室と公益財団法人京都文化交流コンベンションビューローが実現するものだ。ジャパン・エキスポは日本文化を様々な側面から紹介する巨大イベント。2013年は23万人を超える来場者を集めた。日本のカルチャーに注目が集まるイベントで京都をアピールする。

京都のジャパンエキスポへの出展は、2011年に初出展して以来、3年ぶり2回目となる。今回はマンガ・アニメのほか、花街文化や映画もアピールするという。京都のコンテンツを世界へ発信する。
それにより外国人観光客や海外クリエイターを呼び込みにつなげる。さらに京都経済や、日本経済の活性化を図る。

今回は前回の出展よりも規模を拡大する。花街文化を描いた映画『舞妓はレディ』、京都国際マンガ・アニメフェア2014、京都観光が並ぶ。『舞妓はレディ』では、映画製作のフジテレビジョンや東宝と連携する。出演者や舞妓らよるプロモーションもする。
京都国際マンガ・アニメフェア2014では、2013年の京まふにも出展した京都を舞台としたアニメ『いなり、こんこん、恋いろは。』と『有頂天家族』の映像紹介する。またチラシ、PRグッズの配布などをする。

京都市産業観光局観光MICE推進室
http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/soshiki/7-7-0-0-0.html
公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー
http://hellokcb.or.jp/