東京おもちゃショー2014 、玩具3万5000点が集合 6月12日~15日まで

今回で53回目となる国内最大の玩具見本市「東京おもちゃショー2014」が、6月12日から15日まで東京ビッグサイトで開催される。前年に引き続き、東京ビッグサイトの西館全館を使用するスケールとなる。
見本市のテーマには、2013年に続き“おもちゃで世界を笑顔に。”を掲げている。おもちゃを通じた海外への情報発信も目指す。期間中、会場には156社(国内:131社、海外:25社)の企業が出展をする予定だ。また、展示される玩具は約35000点にも及ぶ。また、玩具だけでなく、子どもたちをとりまく衣食住の全てにスポットをあてる「キッズライフゾーン」も展開する。

東京おもちゃショーは、1962年に第1回日本玩具国際見本市としてスタートした。国内最大の玩具見本市として、海外からも注目されている。例年、会場には海外から訪れる関係者の姿も見られる。
2013年は国内130社、海外からは18社の合計148社が出展した。また来場者数は15万9311名にも達し、バイヤーズデーだけでも1万8738名にもなる。本年も多くの人が訪れることになりそうだ。
また、東京おもちゃショーの開催前日には、日本おもちゃ大賞も発表される。こちらは毎年優れた玩具をを選び顕彰するものだ。受賞作品からは例年、売れ筋のトレンドが分かるだけに、今年も何が受賞するのか関心を集めそうだ。

東京おもちゃショー2014
http://www.toys.or.jp/toyshow/
主催: 一般社団法人 日本玩具協会
共催: 東京都  後援: 経済産業省
会期: 2014年 6月12日(木)~15日(日)
商談見本市 12 日、13 日
一般公開 14 日、15日
会場: 東京ビッグサイト 西展示棟 1~4 ホール