セガサミーHDの2014年3月期 アニメーション事業売上高は15%増の121億円

エンタテインメント大手のセガサミーホールディングスは、5月9日に平成26年3月期の決算を発表した。連結売上高は3780億円と前年比17.6%増、営業利益は385億3300万円(同102.0%増)、経常利益は405億3100万円(93.8%増)と業績の回復を印象づけた。当期純利益は307億2100万円と8.2%減となったが、これは前期に生産した米国子会社に関連するものだった。

売上高を牽引したのは遊技機事業である。売上高は27.4%増の1819億8400万円、営業利益は452億9200万円の92.4%増となった。パチンコは低調だったが、パチスロの『パチスロ北斗の拳転生の章』、『パチスロ交響詩篇エウレカセブン2』が堅調だった。
一方、アミューズメント関連が機器事業、施設とも伸び悩んだ。売上高は機器事業が438億円5500万円(2.9%増)、施設事業が432億2700万円(1.2%増)と前年並みにとどまっている。また機器事業は12億6400万円の営業損失、施設事業は6000万円(94.9%増)の営業利益と苦戦している。セガサミーHDはアミューズメント市場自体が低迷していると説明する。

コンシュマー事業は、ゲームパッケージ、デジタルゲーム、玩具、アニメーションで構成されている。売上高1005億4100万円(前年比18.6%増)、営業利益は20億8900万円(前年は営業損失)である。
このうちゲームはパッケージゲームの販売が873万本と19.0%減だった。しかし、スマートフォンやPCダウンロードのデジタルゲームは好調だった。それぞれ売上高は389億円(9%増)、400億円(35%増)である。売上規模で、デジタルがパッケージを上回り、事業構造の転換を感じさせる。

コンシュマー事業のうちアニメーション事業は、トムス・エンタテインメントが中心となる。こちらの売上高は121億円と15%増、堅調さを感じさせる。『ルパン三世vs名探偵コナンTHE MOVIE』などが好調だったとしている。トムス・エンタテインメントは『ルパン三世』、『名探偵コナン』、『アンパンマン』など有力タイトルを手がけており、そうした作品に支えられているとみられる。
セガサミーHDは平成27年3月期も、アニメーション事業は15%増の売上高139億円を見込んでいる。2014年以降も積極的に取り組むことになる。
トイ事業の売上高は84億円で前年並み、「アンパンマン」シリーズ、「ジュエルポッド」シリーズが中心だった。平成27年3月期は97億円を見通す。

セガサミーホールディングス
http://www.segasammy.co.jp/