「ジョジョの奇妙な冒険 SC」 第一話は完全世界同時配信 英仏独西葡の5か国語

4月4日24時半より、TOKYO MXにて、待望の新作アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の放送が開始した。本作は荒木飛呂彦さんによる人気マンガをテレビアニメ化したシリーズ第2弾で、本編第3部スターダストクルセイダースの物語を描くものだ。
テレビシリーズは2012年10月から2013年4月まで第1部『ファントムブラッド』、第2部『戦闘潮流』が描かれた。放送中より人気が高く、早い段階から第3部以降のアニメ化がファンに期待されていた。番組終了から1年、待望の『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』となった。

実はこのファンにとってのビッグイベントは、日本だけでなく、世界中のファンと同時に祝われた。ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションは、4月4日24時30分からの第1話放送開始と同時に、本作をインタネーットを通じて世界同時配信したからだ。日本アニメの海外向け配信サイト大手のCrunchyrollが、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語の5か国語で実施した。Crunchyrollは世界中の日本アニメのファンをユーザーとしており、登録会員は約1000万人、有料会員は約30万人に達している。
Crunchyrollなどの海外向けサービスは、これまでも日本アニメの同時配信をしてきた。しかし、実際は日本の最初の放送から30分遅れとなっている。しかし、今回の『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』第1話ではこの30分のずれもない、文字どおり日本の放送と同時になる。第2話以降は通常の30分後の配信開始を予定するため、放送スタートに合わせたお祭りイベントとしての企画だ。
日本のアニメの海外での人気は、近年、ますます日本と同時進行の様相を強めている。海外のファンからは日本と同じスピードのサービスを求める声も大きくなっている。わずか30分ではあるが、日本と全く同じという意味は小さくない。『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』が海外のファンに向けたメッセージの重みは大きい。

『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』
jojo-animation.com

世界同時配信
4月4日25時30分(日本時間)配信開始
配信地域: 全世界(日本を除く)
配信言語: 全5ヶ国語(英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語)
その他言語(順次)
http://www.crunchyroll.com/※2話以降は、毎週日本での放送終了から30分後に更新