アニメ会社4社のトップらがこれからのアニメ業界を語る サンライズ、ボンズ、NBC、ユーフォーテーブル

33633AnimeJapan 2014の2日目のビジネスセミナーでは、「アニメの仕事とこれからのアニメ業界」と題されたトークショーが行われた。
登壇者はサンライズ代表取締役社長の内田健二氏、ボンズ代表取締役社長の南雅彦氏、NBCユニバーサルエンターテイメント・ジャパンの上田耕行氏、ユーフォーテーブル代表の近藤光氏に司会者としてアニメ評論家の藤津亮太氏を加えた5名。アニメファンにとっては、著名なアニメ制作会社の社長たちが一堂に会する貴重な機会となった。

昨今では動画配信サービスの好調のかいあって、アニメ業界は上向きであると言われる。そこで司会の藤津氏は、まず今のアニメ業界をさらに発展するために必要なものは何かと登壇者に質問した。
サンライズの内田氏は「一言で言うと、海外」と説明した。映画産業のハリウッドでは、既にヨーロッパや東アジアなどの様々な外国人が活躍している。同様にアニメの世界も海外の優秀な監督や制作者とコラボレーションしていく必要があると訴えた。

他方、ボンズの南氏は人材ではなく、市場の観点からも海外が重要であると述べた。ここ何年かの間、アニメの制作予算は横ばいであり、変化はない。そこでより大きな予算を獲得するには海外市場に目を向ける必要があるという。
実際にアニメ系の海外イベントは好評であり、ファンも着実に増えていると、南氏は見ている。

ユニバーサルの上田氏は「国政のメス」という異なった論点を述べた。現在、アニメを含めたコンテンツ産業に対して、経産省や文化庁の支援が行われているが、より現場に則した「メス」を入れて欲しいと上田氏は訴える。
具体的に、作画バンクや背景画のライブラリ化、コンテンツのロイヤリティの公平な分配制度、コンテンツ制作のためのより良いインフラの整備などが指摘された。

対して、ユーフォーテーブルの近藤氏は、より精神論的な意見を述べた。ロイヤリティや制作費以上に、「何を作るか」ということが一番重要だと近藤氏は強調する。
またアニメがより良いものになるためには、視聴者が求めているものだけではなく、求めていないものを作らなければいけないという。つまり、みんなが見たいと思っている想像の範囲内の作品ではなく、これまで想像できなかった作品こそ、イノベーティブであるということだ。

予想外にエモーショナルな近藤氏の意見に会場は盛り上がった。「作りたいものを作れるのは優良企業だけで、多くのスタジオはそんな余裕がないのでは?」という上田氏の意見に対して、「それをユニバーサルが支えればいいじゃない!」と返答。サンライズの内田氏もこれまでのアニメの歴史を振り返りつつ、近藤氏の野心に共感を示した。

—-
次に話題はアニメ業界で望まれる人材に移った。近藤氏は自分を信じられる人が必要だと説明。世の中の価値観とは別の場所に自分が信じるものをしっかりと持っていることが重要であるそうだ。そのため、専門学校に通い、就職活動を行うだけではなく、ボランティアやインターンで直接、制作会社に来て欲しいと会場に訴えた。南氏も同じく情熱的な要素を強調した。何よりも映像やアニメーションといったものを愛していることが重要で、制作者として人々に喜ばれることにやりがいを感じる人間が求められるということだ。

内田氏は業界のベテランとしての意見を述べた。まずアニメ業界はそれほど大きな業界ではないため、会社ではなく、アニメ業界に就職するという感覚を持って欲しいと述べた。そして、新人として会社に入ることを、内田氏は「アニメ業界という学校」の中のクラスに席を見つけることにたとえる。さらにクラスの中の居場所を見つければ、自然とその後の席替えやクラス替えでチャンスが巡ってくると説明した。
他方、ユニバーサルの上田氏はもともと一人のサラリーマンとして会社に入って、偶然、営業からアニメーション製作に回されたそうだ。アニメ業界は決まったレールだけではないので、常に新しいやり方を切り開いて欲しいと話した。

そこから議論は自然と登壇者が業界に入ったきっかけに。富野由悠季監督に憧れてサンライズに入社した南氏、実写作品の制作をしていた近藤氏、もともとは映像業界に憧れていた内田氏と業界に入ったきっかけはそれぞれ異なる。しかしながら、自分の作品を作ることと、生活をしていくことの折り合いを模索した結果という点で、共通しているところが興味深い。

最後の質問はアニメ業界に残したいもの。ボンズの南氏は、玩具を売ったり、配信事業をしたりしない純粋なアニメ制作会社としては、何よりも良い作品を残すのが一番大事だと述べた。20年後の人にもインスピレーションを与える作品を作りたいそうだ。

近藤氏は、マチアソビというイベントやカフェなど多くの取り組みを行ってきた。しかし、それらの試みもすべて「アニメを見てもらう」という大きな目標のためにやってきたことだと説明する。そのため、ボンズの南氏と同様に残したいものは常に作品であり、これまで見たこともないようなものを作り、ユーフォーテーブルの代表作になることを目指しているという。
サンライズの内田氏は、ベテランらしく優秀な人材が残っていって欲しいと述べる。そのためにはまず才能がある人がアニメ業界に来て、育てていくことが重要であると説明した。

ビジネスセミナーという堅い内容であるにも関わらず、トークイベントは盛況のうちに終わった。来場者の中から将来のクリエイターが登場することも十分にありえる情熱的な内容であった。
[取材・構成:今井晋]