オートデスクがSoftimageの開発終了を発表

オートデスクは2014年3月5日、4月14日にリリースするCGソフトSoftimageの最新バージョン「Softimage 2015」をもって、Softimageの開発を終了することを発表した。Softimageのサポート期限は2016年4月30日までとしている。

1988年に登場したSoftimageは、キャラクターアニメーションで重宝されているインバース・キネマティクスを実装している。これにより90年代から映画の制作やゲームの開発など、各業界で幅広く利用されてきた。
一方、Softimageは1994年にマイクロソフトが買収合併をした後、さらに1998年にカナダのアビッドに譲渡された。2005年にはCGソフトの大手オートデスクに譲渡されるなど、経営母体の資本関係が目まぐるしく動いた。
Softimageは、オートデスクの3ds Max、エイリアスのMayaとで3大CGソフトの一角を成してきたことでも知られる。しかし、オートデスクは2005年にエイリアスも買収しており、これら主力ソフトを1社で開発・販売する状況になっていた。

今回のSoftimageの開発終了も、開発リソースを3ds MaxやMayaに集約することを挙げている。この発表により、3月28日以降は新規で単体のライセンスを購入できないことになったが、その一方で3ds MaxおよびMayaへの無償移行が設けられることになった。
この移行措置では、Softimageを2016年2月1日まで使用できる。製品サポート自体は2016年4月30日までとなっている。
[真狩祐志]

Softimage
http://www.autodesk.co.jp/products/autodesk-softimage/