アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京2014 成果発表会を開催

アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京2014の成果発表会が、3月14日に青山学院アスタジオで開催される。当日は、今回のプロジェクトのために日本に招聘されたミヒャエル・フライさん(スイス)、オフラ・コブリネル(イスラエル)さん、トマーシュ・ポパクル(ポーランド)さんが滞在中の成果を発表する。
アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京(A-AIR)は、文化庁の主催により2010年度から始まった。海外メディア芸術クリエイター招聘事業の一環である。アニメーション創作活動を通じた文化振興と交流を目指している。

アーティスト・イン・レジデンスとは、クリエイターが地域で生活しながら創作活動を行うプログラムである。今回は、海外の優れた若手アニメーション作家に絞っているのが特徴だ。
プログラムにあたっては事前に募集をしたところ、今年は60か国・274件の応募があった。このなかからミヒャエル・フライさん、オフラ・コブリネルさん、トマーシュ・ポパクルさんが選ばれた。すでに多くの作品で実績を残してきたアーティストばかりである。3人は東京に滞在し、研修、ワークショップ、創作などを行なっている。

2月21日には神戸アートビレッジセンター、2月22日には京都芸術センターでも「世界のインディペンデント・アニメーション2014 in 関西」を開催、発表している。東京でも3人の作品上映や新作のプレゼンテーション、成果発表が実施される。
発表会のスタートは13時、聴講は入場無料となっている。メールでの事前予約制で、3月12日までに件名を「A-AIR2014成果発表会」とし、参加希望者の名前(人数分)、代表者の電話番号を明記して送る。
[真狩祐志]

アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京2014成果発表会
http://japic.jp/?p=1307