ランティスが、国内4か所大型アニソンライブ開催発表 海外展開も視野

バンダイナムコグループで、アニメ・ゲーム音楽事業を手掛けるランティスが、2014年に大型アニソンライブを開催する。2月26日に東京・恵比寿のウェスティンホテル東京にて、「15thAnniversary Live ランティス祭り 2014~つなぐぜ!アニソンの“わ”~」の記者発表会が開催された。
会見では、同社が2013年11月26日に設立15周年を迎えたのを記念した大型アニソンライブ「ランティス祭り 2014」を開催することが明らかにされた。ライブは三重、大阪、東京、宮城の国内4カ所、合計9公演が実施される。いずれも大会場を予定しており、開催規模もかなり大きくなるとみられる。JAM Project、GRANRODEO、茅原実里、ヒャダインをはじめ多数の人気アーティストの出演が決まっている。

「ランティス祭り」を冠したイベントは、2009年にもランティス設立10周年を記念して富士急ハイランド・コニファーフォレストにて「10th Anniversary Live ランティス祭り」が開催されている。当時も豪華アーティストで、大人気を博した。
それから5年、前回を遥かに上回るパワーで、「15thAnniversary Live ランティス祭り 2014」が実現する。イベントの大型化はランティスの企業としての成長と同時に、アニメビジネスにおいて音楽ライブの重要性がますます大きくなっていることも背景にありそうだ。

ビジネス環境の変化は、海外展開という方向性にも表れている。ランティスは、「15thAnniversary Live ランティス祭り」を、日本だけでなく海外で開催することも計画している。その地域も、すでに台湾、韓国、シンガポール他と、複数国が挙がっている。デジタルコピーしやすい音楽は、音楽それだけでなく、ライブな体験を売るという流れは海外にも向けられる。
日本のアニメやゲームは海外でも人気が高い。そのアニメ、ゲームを通じて、日本のアーティストを知るファンも少なくない。近年は、そうしたアーティストの海外ライブも増えており、各国で人気を呼んでいる。同時に、アーティスト、音楽のプロモーションに現地でのライブが大きな力を発揮することも指摘されるようになっている。ランティス祭りが、世界への音楽発信をし、さらに日本のアニメ人気も後押しすることが期待される。

15th Anniversary Live ランティス祭り 2014
http://www.lantis.jp/15th/