IMAGICA、イスカンダルに現地法人設立 マレーシアで日本コンテンツ展開

映像制作関連の大手IMAGICAが、映像のポストプロダクションで初の海外進出をする。マレーシアの大型開発エリアであるイスカンダルに現地法人Imagica International Asiaを設立する。
さらにIMAGICAは、Imagica International Asiaを通じて、マレーシア国営投資会社カザナナショナル特別目的事業体Candelon Ventures と合弁会社Imagica South East Asiaを設立する。マレーシアでの事業に本格的に乗り出す。

現地法人はアジア最大級の映像制作総合スタジオであるPinewood Iskandar Malaysia Studios 内に設けられる。Pinewood Iskandar Malaysia Studios は、グローバル水準の映画やテレビ番組の制作を行うイギリスのPinewood Group とマレーシア国営投資会社カザナナショナルにより設立されたものだ。
IMAGICAは、Pinewood Iskandar Malaysia Studios にポストプロダクションで参加する。同社が長年培ってきたポストプロダクション技術、独自開発システムやノウハウとPinewoodの連携で、高品質なサービスを実現する。

またこの拠点を活用し、日本コンテンツの東南アジアにおける制作、流通のハブを目指す。日本のコンテンツの海外展開のサポートをする予定だ。
さらに現地教育機関と提携した、ポストプロダクション分野の人材育成をする。東南アジアから世界のポストプロダクション産業発展への寄与を目指す。

IMAGICA
http://www.imagica.com/