2013年 一般向け映像ソフト市場は2177億円の1%減 アニメは2ケタ増

GfK Japan調べ
GfK Japan調べ

市場調査会社GfK Japanは、2月18日に2013年の映像ソフトのセル向け市場規模を発表した。セル向けの販売は、レンタルなどの業務用を除外したもので、一般消費者の購買による売上高である。GfK Japanは、全国のメディアストア、家電量販店、総合量販店、Eコマースなどでの映像ソフト取扱店の実績をもとに市場規模を推計している。
同社によれば、2013年に日本で販売されたDVD、Blu-rayなどは5018万枚、2177億円である。数量ベースで前年比3%減、金額ベースでは前年比1%減と、微減となった。GfK Japanによれば、数量に比べて、金額の減少率が低いのは、Blu-rayの販売拡大により実売平均価格が4300円と前年より2%上昇しためだという。

全体が微減となるなかで、好調だったのが、日本アニメ(邦アニメ)である。販売金額で全体売り上げの29%を占めジャンル別で30%の音楽とほぼ並んだ。金額では631億円程度となる。劇場作品が好調だったとする。
日本アニメのシェアは昨年が25%、80億円強の増加、伸び率で15%程度なったとみられる。長期低減傾向が続く映像ソフト市場を下支えるかたちだ。

日本アニメはとりわけBlu-rayで強さを発揮する。2013年のBlu-rayソフト市場は売上枚数1573万枚、882億円である。数量で前年比23%増、金額で前年比29%増と大きな伸びとなった。日本アニメのシェアが金額ベースで48%と高いことから、ここでもアニメの好調が牽引しているとみられる。
またBlu-rayのソフト映像ソフト全体に占める割合は、金額ベースで初めて4割を超えた。数量ベースで31%だった。

GfK Japan
http://www.gfk.com/jp