バンダイナムコHD 英語社名を BANDAI NAMCO Holdingsに変更

玩具、ゲーム、アニメの国内大手バンダイナムコホールディングスは、2014年4月1日より、同社の英文表記と31の国内外の子会社の英文表記を変更する。1月23日の取締役会で決定、24日に発表した。
現在の英語表記は、「NAMCO BANDAI Holdings Inc」だが、これを「BANDAI NAMCO Holdings Inc.」とする。これまでは日本語ではバンダイナムコと「バンダイ」が先に出ていたが、英語では逆に「ナムコ(NAMCO)」が先にでていた。これを英語表記も日本語と同じ「バンダイ-ナムコ」の並びに統一する。

また、同社のゲーム事業子会社のバンダイナムコゲームスも、これに準じてNAMCO BANDAI Games Inc.からBANDAI NAMCO Games Inc.に変更される。このほかバンダイナムコスタジオ、バンダイナムコクリエティブほか国内子会社6社、海外子会社25社も同様の変更を行う。
バンダイナムコHDは、海外における「バンダイナムコブランド」の訴求と価値向上が目的としている。

バンダイナムコホールディングスは、2005年に大手エンタテインメント企業のバンダイとナムコが経営統合するかたちで誕生した。日本語表記と英語表記の違いは、この際に生まれた。
これはふたつの企業の経営統合が対等なものであることを示すためにバランスをとるために採用されたとみられる。しかし、経営統合から8年半、経営統合がより進化する中で、ふたつの旧企業のバランスといった配慮もあまり意味をなさなくなってきた。そこで、より分かりやすく表記を統一することになったと言える。

バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/