第1弾は富野監督の新作アニメ オオカゼノオコルサマとLegacy Effectsが共同プロジェクト発表

富野由悠季監督
富野由悠季監督

2014年1月21日、東京・港区の東京アメリカンクラブにて、株式会社オオカゼノオコルサマ(本来の表記は風が3つ)と米国のVFXスタジオLegacy Effectsが共同記者会見を開催した。両社が業務提携し、日米のクリエイティビティを結集させた映像作品を共同で製作し、世界に向かって発信するという。
また、提携第1弾作品として、「機動戦士ガンダム」シリーズや『伝説巨神イデオン』など数々傑作アニメを生み出してきた富野由悠季監督の新作アニメを製作すると発表した。作品のタイトルは明らかにされなかったが、制作には多数の有名クリエイターが参加する見込みだ。日米の共同作業で、日本を代表するアニメ監督が世界に向けて挑戦する。

会見にはオオカゼノオコルサマの木場カオリ代表取締役社長、そしてLegacy Effectsの4人に創設メンバーJohn Robert Rosengrant氏、Shane MAHAN氏、Lindsay MCGOWAN氏、J. Alan SCOTT氏が登壇した。また、富野監督も姿を見せた。
富野監督は本プロジェクトに参加した理由を、いままで考えられないことを実現しようとするプロジェクトであることを挙げた。若い世代に騙されたと思ってここにいると、従来にない取り組みに魅せられたようだ。そのうえで、世界に発信出来るような制作の基盤を東京とハリウッドに作りたい、新しい制作現場を手に入れていきたい、と制作に強い意欲を見せた。

気になる新作の内容は、権利関係がまだクリアになっていないとして、タイトルなどには触れられなかった。しかし、いきなり新作はリスクが高い、これまでのリメイクは成功したものがないが俺だったら別のやりかたが出来るといった発言があった。
またフランスの巨匠アラン・レネの名前を引用して、87歳までにまだ1本や2本は作品を作れるのでないかとか話した。さらに今回のオオカゼノオコルサマとLegacy Effectsの動きは思った以上に早い、第1作は2Dアニメが無難かもしれない、東京で制作するアニメであってもいいとの発言もあった。様々な可能性を念頭に置いているようだった。そして、「打倒アバターぐらいは行きたい」と意気込みを見せた。

オオカゼノオコルサマは、様々な分野のプロデューサーが、日本のアニメやマンガ、原作を世界に発信することをコンセプトに設立された。今回は数々の大作ハリウッド映画のVFXで重要な役割を果たしたLegacy Effectsと提携することでこれを実現する。
木場氏はこれについて、“コラボレーションすることで新しい価値を生み出す”と説明する。これまでもハリウッドで映画化された日本原作の作品は多いが、日本のクリエイターが参加することはなかった。実際に日本のファンは楽しんだのでしょうか?と疑問を投げかける。プロジェクトの狙いは、日本と米国の共同製作で世界市場参入とする。
John Robert Rosengrant氏は、作家と監督のビジョンを尊重しビジョンを与えること、実写とアニメーションを融合させる架け橋になるといったコンセプトを説明する。実写とアニメーションの融合は、会見でたびたび言及されており、プロジェクトの重要なキーワードのようだ。

また、富野監督以外の作品もすでにスケジュールに挙がっている。岩波書店から刊行する児童文学を実写化する予定だ。こちらもタイトルは明らかにされなかぅたが、岩波書店には良質の児童文学があることが理由であるという。
会見には児童文学作家で、『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』で知られる斎藤惇夫氏が駆けつけ、本プロジェクトへの期待を語った。

SONY DSC