2014年劇場アニメ 堅調もオリジナル企画減少 実写映画のアニメシフト強まる

宮崎駿監督引退記者会見
宮崎駿監督引退記者会見

2014年公開予定の劇場アニメのリスト化を行った。近年、劇場公開と公開扱いでない劇場での興行のイベント上映はますます区別がつけにくくなっている。そこでリストでは公開作品とイベント上映作品を併記している。
この結果2013年12月31日現在で、国内劇場アニメ・イベント上映アニメはすでに40本近くに達していることが分かった。昨年の30本強、一昨年の30本、その前年の22本をさらに上回る勢いだ。2014年も、アニメが各地の劇場を席巻しそうだ。
通常この時期の配給会社のスケジュールは、夏までの発表となることが多い。リストでも夏までが27本と大半を占めている。秋以降を中心に現在、未発表の作品がさらに加わることになる。
[数土直志]

2014年 劇場アニメ公開作品リスト
http://www.animeanime.biz/archives/19168
(こちらで詳細を確認ください。)

■ 『風立ちぬ』興収120億円も、ポスト宮崎駿、ポスト高畑勲が課題に

すでに過剰供給との指摘もあった2013年の劇場アニメだが、アニメに限れば全体として好調だった。何よりも宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』が興収約120億円と大ヒットになっている。宮崎駿ブランドの健在ぶりを見せつけた。
邦画アニメでは、シーズンごとに公開される大型シリーズが堅調だ。シリーズ17年目で過去最高の興収を実現した『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』(約36億円)や、やはり高水準を維持している映画『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』(約40億円)などもある。
ファン向けとされた作品では、『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』の16億円超、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』の約20億円と、300スクリーン以上規模の洋画、邦画の興収を大きく超える作品が現れた。

シリーズ上映スタイルでは、『機動戦士ガンダムUC』や『宇宙戦艦ヤマト2199』、『コードギアス 亡国のアキト』の上映が好調だ。2013年には新たに『攻殻機動隊ARISE』、『PERSONA3 THE MOVIE』、『薄桜鬼』がこれに加わった。2014年以降に新たなシリーズが現れる可能性が強い。
『機動戦士ガンダムUC』や『宇宙戦艦ヤマト2199』の両作は、いずれも2014年に劇場サイズの大作を上映する。(『ガンダムUC』はイベント上映、『宇宙戦艦ヤマト2199』は新作劇場公開)最後に大作といったやりかたが、イベント上映の新たなビジネス進化になるのか注目される。(実写だが『THENEXTGENERATION-PATLABOR‐』がすでにこのかたちだ。)

一方で、劇場アニメは楽観ばかりとは言えない。むしろ、2014年以降は不安要素がより目につく。ひとつは、巨匠・宮崎駿監督の突然の長編アニメからの引退宣言だ。宮崎駿監督の同志でもある高畑勲監督も『かぐや姫の物語』が最後の長編になりそうだ。
スタジオジブリは良質の映画を多く世に送り出してきたが、それでもビジネス的には宮崎駿監督作品が牽引してきた。ビジネスの安定が、期間と資金を十分に投入出来るオリジナル企画の作品を生み出してきた。宮崎駿監督の新作がなくなるスタジオジブリがこれまでの体制を維持できるのか。2014年夏公開の米林宏昌監督『思い出のマーニー』が試金石となる。

そうでなくても2014年は、その本数に比べてオリジナル企画の長編が少ない。多くはテレビシリーズなどの延長線上の作品だ。
現時点で、オリジナル企画性が強い長編は『BUDDHA2手塚治虫のブッダー終わりなき旅ー』(2月8日公開)、『ジョバンニの島』(2月22日公開)、『思い出のマーニー』(夏公開)、『楽園追放 -Expelled from Paradise-』(2014年公開)ぐらいだろう。旧作と切り離された企画として『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』(初夏公開)、『STAND BY ME ドラえもん』(8月公開)を入れても数的には寂しい。
これはここ数年、劇場アニメが好調とされるなか、オリジナル企画には興行が芳しくない作品が数多く見られたことを反映しているだろう。

■ 存在感さらに低下の海外アニメーション、増加するビデオスルー作品

2014年にやはり存在感を低下させそうなのが、海外アニメーションだ。今回作成した2014年の公開予定リストは、これまでと異なり海外アニメーションを除外した。しかし、実際に除外したのは3作品に過ぎない。
長編大作はディズニーの『アナと雪の女王』のみ、あとは『きかんしゃトーマス』の新作、ミッキーマウスの新作短編アニメーションが、スケジュールに載っているだけだ。

2013年は、ピクサーの大ヒット作『モンスターズ・インク』の続編『モンスターズ・ユニバーシティ』の興収約90億円の大ヒット、『シュガーラッシュ』の約30億円、『怪盗グルー ミニオン危機一発』の約24億円があり、一見好調にみえる。
しかし、一方で、全米で大ヒットになった『クルードさんちのはじめての冒険』(20世紀FOX)や、ドリームワークス・アニメーションの『不思議の国のガーディアン』は劇場公開がなくBD/DVDだけでのリリースである。2012年の大作『ザ・パイレーツ! バンド・オブ・ミスフィッツ』(アードマン・アニメーションズ/ソニー・ピクチャーズ アニメーション)は国内未公開。やはり世界的なヒット作『Epic』(20世紀FOX)や『Turbo』(ドリームワークス・アニメーション)も、現在のところ国内公開がない。『怪盗グルー ミニオン危機一発』も米国では、『モンスターズ・ユニバーシティ』を上回る数字を残していることを考えれば、日本での数字は控えめだ。

今後、時期を調整して公開する作品もあるだろう。それでも配給各社が海外アニメーションの国内公開の有無、公開時期や規模について慎重になっているのは間違いない。逆に言えば、現在、迷いなく国内公開が決まるのは、ディズニーとディズニー/ピクサーの作品のみといえるだろう。

■ アニメファンにシフトした映画プロモーションの趨勢

若い世代のエンタテインメント映画の需要の多くを邦画アニメが満たすなか、配給各社がアニメ重視のシフトを強めている。いくつも大ヒットアニメシリーズを持つ東宝は、映像事業部の配給でこれまでより小規模な劇場数でよりコアなファンの取り込みを目指している。2013年であれば、『聖☆おにいさん』、『言の葉の庭』、『攻殻機動隊ARISE』などだ。2014年以降は、『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』が東宝映像事業部の配給になるとみられる。
ワーナーブラザースも、海外アニメーションでなく、日本アニメの配給権を取り、ヒットを目指す路線を持つ。2013年は配給を手がけた『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』、『劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ』、劇場版『とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―』の3本でいずれも期待を上回る成績を残している。当面はアニメのラインナップは続くだろう。2014年は、『ジョバンニの島』と劇場アニメ『宇宙兄弟』を手がける。

直接、アニメを手がけるのでなく、実写映画にアニメ的なプロモーションを取り入れるケースも増えている。『黒執事』、『銀の匙』、『僕は友達が少ない』、『魔女の宅急便』、『ルパン三世』などは、アニメ化により原作の人気が拡大した作品だ。
興行はアニメの人気に依存する部分も大きく、アニメファンの動員も期待される。同時に映画のプロモーションにおいても、アニメ映画でのノウハウを取り入れることになりそうだ。

この動きは、洋画アニメーションで圧倒的な力を持つディズニーも例外でない。ウォルト・ディズニー・ジャパンは、サミット・エンターテインメントが製作する『エンダーのゲーム』のプロモーションで、コミックマーケットに企業出展をして話題を呼んだ。『エンダーのゲーム』の本国のターゲットは、ティーンエイジャーだった。『エンダーのゲーム』の潜在的な観客は若いアニメファン、マンガファンと重なるとの判断だ。
似たケースは角川映画配給の「ハンガー・ゲーム」シリーズにも見られる。世界の10代、20代に圧倒的な支持を受けた本作のメインターゲットは、アニメやラノベのファンであるとの想定である。本作では日本語吹き替えに、アニメファンにお馴染みの水樹奈々や神谷浩史らの人気声優陣が並ぶ。
日本語吹き替えに人気声優を並べ、アニメファンの動員を期待する手法は近年急激に増えている。上記『エンダーのゲーム』や「ハンガー・ゲーム」シリーズのほか、『パシフィック・リム』や韓国映画『10人の泥棒たち』でも、吹替え声優がウリとされた。

映画業界ではこれまで邦画アニメは独特とされてきた。しかし、2013年はそのファンやビジネスモデルを邦画や洋画に取り入れる動きが活発化した年であった。2014年以降もこうしたトレンドはさらに顕著になるだろう。
『機動戦士ガンダムUC』や『宇宙戦艦ヤマト2199』で成功したイベント上映を大きく取り入れた『THENEXTGENERATION-PATLABOR‐』はその代表となる。日本のライトノベルを原作とするハリウッドのSF映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、声優などでそうした試みの可能性がありそうだ。