「週刊ヤングマガジン」が単行本サイズに 青年マンガ誌上初、B5通常版と同時発売

277071980年創刊の「週刊ヤングマガジン」は、数々のヒット作を生み出してきた人気青年マンガ誌だ。2013年暮れに、そんな「週刊ヤングマガジン」が少し見慣れないかたちで姿を現すことになる。
講談社のヤングマガジン編集部は、12月21日発売の「週刊ヤングマガジン」2014年第4・5合併号で、B6版平綴じの単行本サイズを発売する。通常のB5版中綴じも発売し、同じ雑誌がふたつのサイズで登場する。

ヤングマガジン編集部によれば、単行本サイズの青年マンガ誌は史上初めての試みだという。通常より小さなサイズは、掲載される作品の絵も通常より小さくなるが、手軽に持ち歩けること、移動中に読みやすいといったメリットもありそうだ。いわば目からうろこ的なアイディアだ。
実際に単行本サイズにどの程度ニーズがあるか判り難い。しかし、今回は定価も同一ということもあり、どちらのサイズがどれぐらい売れるのかも気になるところ。テストマーケティングの役割もありそうだ。単行本サイズは、今回1号限りの限定増刊になるというが、今後の展開も気になる。
マンガ雑誌のあらたな挑戦は、昨今、デジタル分野での試みが注目されることが多い。しかし、依然読者の中心は紙である。紙雑誌の意欲的な取り組みも見逃せない。

「週刊ヤングマガジン」
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02888
発売日: 2013年12月21日
定価: 本体314円