セガトイズ新社長に鈴木義治氏 収益改善目指す

 玩具会社のセガトイズは、10月28日に代表取締役社長の交代を発表した。12月1日付けで、現在の國分功代表取締役社長は非常勤の取締役に退く。現専務取締役経営企画室長の鈴木義治氏が代表取締役社長に就任する。
 セガトイズは今回の異動の理由を、新たな経営体制により収益改善に向けた取組みを推進し、経営基盤の強化を図るためとしている。

 セガトイズは、同じ10月28日に連結子会社タイヨーの解散と清算、それに伴う特別損失の計上と業績予想の下方修正を発表している。また近年、同社の業績は、国内事業を中心に低迷が続いている。新しい経営トップを据えることで、新たな体制で厳しい環境を乗り切る方向のようだ。
 新たに代表取締役社長に就任する鈴木義治氏は、平成4年にサミーに入社、その後同社の取締役に就任、さらにグループ会社のセガに移っている。セガトイズには平成20年4月から在籍している。

 また、同じ12月1日付けで、専務取締役コーポレト本部長の菅野暁氏が取締役副社長コーポレト本部長に、横関謙治取締役が専務取締役 国内爆丸事業、企画開発部門管掌に異動する。
国内爆丸事業では、海外で成功した『爆丸』を日本でも積極的に展開することになりそうだ。

セガトイズ http://www.segatoys.co.jp/


TDCS開講!