東映アニメがオンラインショップをリニューアル フィーチャーフォン向けサービスは終了

東映アニメーションのオンラインショップが、12月中旬に大幅なリニューアルを行う。同社の公式サイトによれば、現在のシステムは12月16日11時に停止、12月18日に新システムに移行する。移行後もオンラインショップの会員サービスCLUB@Peroのシステム、クレジットカード登録情報以外の会員情報は引き継がれる。
リニューアルの詳細はリニューアル後の確認となるが、大きな目的は、オンラインアでショッピングを楽しむデバイズの変化に対応したものとなりそうだ。新しいオンラインショップは、パソコンやスマートフォン、タブレットにてオンラインショップが楽しめるとしている。

一方、大きな変更点のひとつは、フィーチャーフォン向けの携帯専用サイト「東映アニメ公式ショップ」が終了するとしている点である。ユーザーのモバイル端末が、フィーチャーフォンからスマートフォンに急速に移行する中で、いち早くパソコン、スマートフォン、タブレット向けにサービスを一本化し、、フィーチャーフォン向けから撤退するとみられる。
携帯向けの「東映アニメ公式ショップ」は、2009年にdocomo、au、Softbankに、PCのサービスを広げるかたちでスタートした。それから4年、時代の変化の早さを感じさせる。

東映アニメーションは、国内アニメ製作の大手だ。アニメ制作のほか、企画や製作も自ら手がける。ライセンス管理やイベント、オンライン事業も行う。
インターネットやモバイル向けの事業も積極的で、動画配信など他社に先駆けて取り組むケースも多い。自社運営の公式オンラインショップもそのひとつだ。

東映アニメーション
http://www.toei-anim.co.jp/