練馬区に事業新設、移転・増設するアニメ制作事業者などに区が補助金交付

東京都練馬区は、平成25年度の「練馬区内に事業所を開設するアニメ制作関連事業者」の募集をしている。この制度は平成23年度からスタートしたもので、アニメ制作関連事業者が練馬区で事業所を新設、増設、練馬区への移転を行った際に補助金を交付するものだ。
交付対象になると練馬区への移転費用が最大200万円(初年度のみ)、設備工事・改装工事・制作関連機器購入費等最大200万円(初年度のみ費用の2分の1)が補助される。さらに毎月の事業所賃借料も月額最大20万円(最長2016年3月分まで、費用の2分の1)の補助を受けることが可能だ。対象金額は3年継続で約1000万円となる。

この制度は、練馬区が地域産業の振興のため設けている。新たに練馬区に進出した事業者と、既存の業者との受発注の促進や、共同事業を期待している。
東京都西部は、長年、日本のアニメ産業の集積地として知られている。なかでも練馬区は、関連事業者が最も多い自治体である。地域のアニメイベントやアニメーションを通じた文化交流にも熱心だ。一方で、こうしたアニメーション産業の活性化も目指す。

補助金の対象は、2014年3月までに、練馬区内に新たに事業所を開設(移転・新増設)するアニメ制作関連事業者と映像・コンテンツ関係企業である。
応募にあたっては、2013年11月22日(金曜日)まで応募申込書を提出する。さらに12月6日までに審査書類を提出する。12月中に書類審査と面接審査で1社程度を決定する。詳しくは練馬区のサイトにて確認出来る。

二次募集 練馬区内に事業所を開設するアニメ制作関連事業者の募集について
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/sangyo/oshirase/anime_hojo.html