3DCGアニメーター育成ワークショップ 教育関係者向けにCG-ARTS協会が開催

12月24日と25日の2日間、HAL東京にて「3DCGアニメーター育成に関する『教育者向けワークショップ』-キャラクターの分析・演技・手描きアニメ表現の教育法-」が開催される。文化庁支援事業の一環として、CG-ARTS協会が主催する。
ワークショップは、CGアニメの分野の教育機関や企業の教育指導者を対象にしたものとなる。定員は約20名、参加費は無料である。専門学校、高等学校、企業の教育指導者で、2日間出席することが条件だ。

現在、アニメーション制作における3DCGが世界的に強まっている。こうしたなかで3DCGキャラクターに魅力ある演技をさせることがより重視されるようになっている。そこで3DCGの教育指導をする立場にある人に、演技の指導を行えるようになって欲しいとワークショップが企画された。

講師はマイムアーチスト、コムトレーニング講師の荒木シゲルさん、それにアニメーション監督やCGディレクター、CGデザイナーとして活躍する笹原和也さんだ。24日、25日、両日とも10時から17時30分まで丸2日間使ったワークショップとなる。
ワークショップでは、アニメーター自身が演技者になってキャララクター表現を考えたりする。プログラムでは主にパントマイムを演習する。身体表現基礎や基本動作、を踏まえたうえで、さらに手描きアニメ表現やCGの講義や演習を行う。
対象は3DCGを利用したアニメーション、ゲーム、映画などのコンテンツ制作の指導に関わる、大学、専
[真狩祐志]

3DCGアニメーター育成に関する「教育者向けワークショップ」-キャラクターの分析・演技・手描きアニメ表現の教育法-
http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/131224/

主催: 公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)
支援: 文化庁
後援: NPO法人映像産業振興機構/一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会/     一般財団法人デジタルコンテンツ協会/一般社団法人日本動画協会/一般社団法人VFX-JAPAN (申請中を含む)
日時: 2013年12月24日(火)~25日(水)各日10:00~17:30
会場: 学校法人・専門学校HAL東京 総合校舎コクーンタワー
対象: 3DCGを利用したアニメーション、ゲーム、映画などのコンテンツ制作の指導に係る、大学、専門学校、高等学校、企業の教育指導者(2日間出席可能であること)
定員: 約20名
参加費: 無料
講師: 荒木シゲル(マイムアーチスト、コムトレーニング講師)
    笹原和也(アニメーション監督、CGディレクター、CGデザイナー)