ディズニーがコミケに初の企業参加、タイトルは「エンダーのゲーム」

世界のエンタテインメントを牽引するウォルト・ディズニーが、日本最大のポップカルチャーのビッグイベントに姿を見せる。ウォルト・ディズニー・ジャパンは、12月29日から31日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット85に企業参加する。ウォルト・ディズニーにとっては、初のコミケ出展となる。
ディズニーがコミックマーケットで紹介するのは、2014年1月18日に全国公開される大作SF映画『エンダーのゲーム』である。SF小説の傑作、そして日本のアニメ、マンガ、SF、特撮にも多大な影響を与えてきたとされる本作を、日本のサブカルチャーの聖地であるコミケで、ファンに紹介するというものだ。

現在、『エンダーのゲーム』は、作品と世界観をより知って貰いたいとエンダー再誕プロジェクトが進められている。このプロジェクトとのひとつとして、今回の企画を実現した。
コミケは1970年代にスタートしたファンイベントに源流がある。現在も、営利というよりもサブカルチャーの振興、発展により注力する。近年は、商業エリアである企業ブースの活動が大きくなっている。それでも、世界的なメディア・エンタテンメントの本格的なコミケ進出は驚かされる。
近年、アニメーションに限らず、ハリウッドの大型コンテンツが日本で苦戦するケースが増えている。一方で、日本のアニメは、国内で好調が伝えられる。そこでハリウッドメジャーが、こうした日本独特の文化の取り込みを目指すケースが増えている。いわゆるローカルプロダクション、ローカルマーケティングと言っていいだろう。

ディズニーは、コミケの持つパワーと新しさに大きな可能性を見る。ギークな味わいを持つ『エンダーのゲーム』は、そうした場所こそが、相応しいというわけだ。
実は『エンダーのゲーム』は、8月に実施されたコミックマーケット84にも先行して姿を見せていた。何の説明をすることもなく、秋 赤音さんによる登場キャラクターのイラストイメージが大型タペストリーとして公開されていたのだ。
キッズ・ファミリーから女性向け、男性向け、ヤングアダルト向け、ディズニーはありとあらゆるエンタテイメントを世に送り出す巨大な存在だ。そのディズニーが、アニメ、マンガ、SFファンに是非、観て欲しいとする『エンダーのゲーム』が注目される。