「新しいことに挑戦する」新アートディレクター: アヌシー・レポート 第4回:伊藤裕美

 『Subconscious Password』  (c) National Film Board of Canada, Copperheart Entertainment, Seneca College Animation Arts Center
『Subconscious Password』
(c) National Film Board of Canada, Copperheart Entertainment, Seneca College Animation Arts Center

第37回アヌシー国際アニメーション・フェスティバル、Annecy 2013

カナダから新アートディレクターを迎え、地球規模で拡大するアニメーション映画祭
自信強める、ヨーロッパのアニメーション

取材・文: 伊藤裕美(オフィスH)

 

■ 新アートディレクター、マルセル・ジャン氏、「新しいことに挑戦する」

アヌシーはコンペティションの一次選考を、昨年から内部でおこなっている。新アートディレクターのジャン氏にその理由を尋ねると、
「外部の審査員では、アヌシーに集まり、2週間程度で応募作品を見て選考という、厳しいスケジュールになる。内部でおこなえば、応募締め切りから3ヶ月掛けて選考できる。世界の映画祭で観ている応募作もあるから、さほど負担でない」と、今後も継続する。
一次選考でジャン氏は「世界のアニメーションのリアリスティックな面、多様性を重視した」。「毎回、新しいことに挑戦する」として、今回は特別賞「観客が選んだ、一番おもしろいショートアニメーション」を、アレクセイ・アレクセーフ監督の『KJFG No5』に贈呈した。
またAnimation Off-Limitsプログラムでは、アニメーションの定義/境界が問われる今日、ボーダーライン上の作品を選び、4つのテーマに分けて上映した。

ヨーロッパでは劇場公開作の3D立体視が多いものの、EUのアニメーション振興をおこなう民間組織CARTOON(カートゥーン)が運営する、新プロジェクトのピッチ「Cartoon Movie(カートゥーン・ムービー)」では今年、3D立体視のプロジェクトが減少した。観客に食傷感が出てきているのだろう。
テレビでも3DCGが大量に放映され、視聴者は「手作りアニメーション」も求めていると、フランスのプロデューサーは指摘する。1990年代から広がったCG技法は技術とアート性両面で成熟し、近年の傾向として、複数の技法の“ミックステクノロジー”が増えている。デジタル・コンポジット(デジタル合成)の利用が普及し、腕の良いデジタル・コンポジターは引く手数多と聞く。

短編部門最優秀賞を受賞した、クリス・ランドレス監督の『Subconscious Password(邦訳:意識下のパスワード)』(製作:National Film Board of Canada、Copperheart Entertainment、Seneca College Animation Arts Center)は3Dと2DのCGアニメーションに、ランドレス自身が登場するロトスコープ、カットアウトアニメーションも用いられた。
同部門の子ども審査員賞等を受賞した、ダニエル・スーザ監督の『Feral』(米国)は手書き背景と2Dキャラクター、初監督作品への特別賞のポール・ウィニンガー監督の『Trespass』(オーストラリア)は実写映像・写真と2Dの合成だった。受賞に至らなかったが、フランスのアメリ・アッロー監督の『Mademoiselle Kiki et les Montparnos』(製作:Les 3 Ours)は、20世紀前半モイズ・キスリングや藤田嗣治、写真家のマン・レイ等のモデルを務めた“モンパルナスのキキ”の一生を、手書きのさまざまな技法で描き、デジタル・コンポジットで仕上げた。

一方、ストップモーション・アニメーションでも、ストーリーテリングに優れた注目作が受賞した。同部門の特別賞を受けたエストニアのAndres Tenusaar監督は『Triangle Affair(邦訳:トライアングル・アフェアー)』(製作:Nukufilm)で、人の指が顔になっているパペットの掃除婦たちを大都会に隠れた“三角形と動き”の迷宮へ迷い込ませた。そして観客賞のオーグスト・ザノヴェロ監督の『Lettres de femmes』(製作:Pictor Media、Xbo _Films)はパペット、カットアウトのアニメーションに実写を加えたミックステクノロジーながら、「女性たちの手紙」というタイトルにつながる“紙”が強く印象に残った。
また手書きを主にした作品も目につき、“手でアニメートする”という原点回帰を感じた。来年のアヌシーは、「ストップモーション・アニメーション」をフォーカスする。